八ヶ岳石尊稜アルパインハイク

さていよいよ夏シーズン真っ盛り、というタイミングで冬のお話。

PC245490.jpg

2年前にもトライしながら悪天候で敗退した八ヶ岳の石尊稜のアルパインルートにリベンジしたのは12月のこと。

冬季は一般道を歩くハイキングがもっぱらメインだけれども、自分の目指す領域は森林限界の上なので、いつなんどき滑落したり、ホワイトアウトで道に迷って難所に突き当たったり、悪天候を避けるために悪路を突破したりという状況もいろいろと想像してしまうので、一般道から離れた冬山の姿かたちを肌感覚で知っておきたい。それもなるべくハイキングの装備に近い状態で登攀ルートを歩いてみたい、という考えで。

前日に赤岳鉱泉に入り幕営。早朝、ロープにクライミング道具一式を担いで取り付きへ向かう。

PC245463.jpg

取り付き点までの道のりは前回も迷ったけれども、今回もやっぱり迷いながら、雪に埋もれた沢筋をたどり細い尾根にしがみつきながら到達。天候よし。

PC245465.jpg

前回はここで吹雪が強くなり視界ゼロの状況になって引き返した取り付き地点。ここからロープを出して確保しながらあがる。1ピッチ目は簡単そうに見えるけれども、実はあんまり頼れるホールドがなく、ここが一番の核心だとか。

PC245464.jpg

今回の足回りは、いつものトレランシューズに自転車用のネオプレンカバーをかぶせ、Hillsoundのトレイルクランポンという構成。

PC185418.jpg

冬季クライミングとはいえビギナールートであるし、氷壁でない限り足首が周りソールを曲げられる靴のほうがムーブ的にも有利だし前爪も必要ないだろうという判断。なるべくハイキングとの装備差をなくしたいという考えもあり。とはいえ登攀ルートでの試用ははじめてなので、はたして完登なるか。

このトレイルクランポンは、Kahtookaのマイクロスパイクと比べて爪が長く、爪同士が一体化されて動きにくくなっているので雪面でのフリクションは多少はよくなっているだろう。

PC185419.jpg

先行パーティーの人が取り付くのを横目に我々も準備オッケー。1ピッチ目は僕のトップでスタート。

PC245467.jpg

傾斜も大したことない、なんてことなさそうなルートに見えたけれども、実際登ってみると微妙で、これといったホールドがなく、手につかんでもボロッと崩れ落ちる。中間支点もなかなかとれないし、足元も心細く慎重になる。落ちると崖下にまっさかさまだし。

PC245469.jpg

なんとか登りきってようやくピッチを切る。シューズ周りは快調で問題ないように思えた。

セカンドであがってきたパートナーは途中でずるっと落ちたけどロープで確保。前爪がっつりのアイゼンをつけたブーツだと足を支えるのも大変でこういう場所だとやはり登りにくいとのこと。向き不向きはあるのだろう。

ピッケルは本当は一本だけで行こうと思っていたけれども、結局、念のため予備に持ってきたものも使うことになってダブルアックスとなった。CAMPのコルサナノテクと、ULAのなんちゃってカーボンピッケルという軽量重視の構成。

PC245475.jpg

柄を持ってピックを突き立てるよりも、雪の斜面をあがるときに2本のピッケルのピックを持って柄の部分を突き刺しながら登るタガーポジションをとることが最も多かった。その用途に関してはこの2本とも取り回しよく問題なさげ。

PC245476.jpg

急斜面でのトレイルクランポンのフリクションを試す。足全体を雪面につけ、体重をかけると、1cmほどずるっと後ろへ滑って止まる感覚。一歩ずつ試す。やはり滑る。でも止まる。もちろん通常のアイゼンならビクともしないだろうけれど、1cmの差。このフリクションを信じられるかどうか、怖いと思うかどうか。滑り落ちたら谷底へまっさかさま。でもピッケルも2本とも効かしている。このルートのこのコンディションならよしとする。

相方のアイゼンはしっかり効いていたそう。

PC245472.jpg

目指す稜線が近づいてきてるのかどうか、やや曇り空になり風も出てくる。ビレイ中は長時間動かないので寒風が吹きつけて体温が奪われる。ダウンを羽織る。

PC245477.jpg

美しくも不気味な恐ろしさを感じる光景。あそこへあがるのか。あがれるのか?

PC245479.jpg

岩にスリングを巻きつけて確保をとりセカンドを待つ。だんだん風も強くなってくる。

PC245483.jpg

冬季アルパインはパートナーともども初体験で未知のゾーン。八ヶ岳の圧倒的な岩稜の光景と、吹きつける強風に、心がすこし怖気づいてくる。稜線は近いのだろうか。どこまで上がればいいんだろう。

「もうムリっす。トップ行ってください(泣」

「ダメだって〜。交代だからさ。行けるよ!ほら」

なんてパートナーの尻をたたきつつ、自分も気力を振り絞る。

ここがラストピッチだろうか、だんだん岩々しくなってルートもどこなのか不明確になってくる。でも心なしか空が開けてきたような。

PC245484.jpg

よっこらしょっと。

PC245488.jpg

あがった。生き残った!ほっと安心。

PC245490.jpg

今まで何度と冬ハイクに出かけたけれど、ピークに到達することには何の意味も見出していなかったし、目指したこともなかった。でも今回はじめて登頂したことの喜びを感じた。達成感?というよりも、安全圏に辿りついた、生き残ったという安心感に近いような。登山家と呼ばれる人たちはこういう行為にアドレナリンを噴出させてやみつきになっているんだろうなぁと少し理解できたような気がする。いや、そっちの道に向かうと命がいくつあっても足りないので、ここらへんで満足ですけど。

甲府の奥村本店に立ち寄り、とりもつで乾杯。

PC255492.jpg

カテゴリー:climbing, hike

1/29-30 木曽駒ハイク(2)

前回からの続き。

14時過ぎに岩陰にワンショットテントを張りばたんと倒れこんで眠りについてから目覚めるとまだ周囲にはわずかに明るさが確認できた。早朝から行動していたとはいえこのまま翌朝までテント内で過ごすのはひどく退屈だなと思いながらいつものことだと半ばあきらめ、ザックの底からパンを取り出しちぎっては口にほおりこみ、一応の食欲が満たされたところで本格的に眠りに入ろうとしたが、そのまえにさっきの行動中に地図をなくしたので翌日の行動についてじっくり検討しなければならないことを思い出した。幸いにもドコモ仕様にしたiPhoneの電波が入る。ネット上にころがっている地図をあさり、山行記を読み、大雑把だけれどもなんとか下山ルートの地形は把握できたので明日はこの先の木曽上松方面へ進むことに意を決したところでちょうど周囲は暗くなった。

吹雪のなかテントに閉じこもることざっと17時間。気温は-23度。厳冬期用に作った900FPの自作キルトは凍えるほどではないにしても暖かくはなく、じんわりと立ち上がる寒気で何度か目が覚めるがじっとやり過ごす。

翌朝、7時にテントを抜け出しパッキングを整える。 体が重い。朝食はまたパンを半分とすっかりぬるくなったホットレモンを一口。昨日と同じようにスノーシューを履きストックを両手に持って出発する。冷気でやられたのか一眼デジカメのバッテリーが切れていたので、ここからはiPhoneで写真を撮る。

IMG_0111.jpg

天候は未だ回復せず。玉ノ窪山荘はすっかり雪に埋まっていて屋根だけが確認できる。その先の視界は昨日と同じで吹雪に覆われてほとんど確認できない。もしルートから外れて雪庇でも踏み抜いたらかなわないと、コンパスとiPhoneの地図を何度か見やって進行方向を確認する。風が弱まり視界が回復するタイミングを待って先に進む。

IMG_0110.jpg

山荘の先は風の通り道となっており、ゆるやかなスノーリッジが形成されていた。地表の数センチをきらきらと粉雪が飛び回っており、ゆっくり踏みしめて歩くととても気持ちがよい。

…と歩いていたところで急に体の自由が失われる。息が弱まりがっくりと膝を折ってその場に手をついて倒れこむ。体が動かない、どうしたことか。まだ出発して20分とたたない場所だ。息を整え立ち上がろうとするも、1歩2歩進んだところで再び倒れこむ。何が何だか状況を把握できないなかで悶絶しながら転がりまわり、吹きさらしのスノーリッジのちょうど中間のあたりで強風を浴びながら寝返って天を仰ぐ。曇り空がものすごいスピードでおどろおどろしくカタチを変えていくのを虚ろに眺める。

まいった、ハンガーノックか、それとも高所や冷気の影響で体に変調をきたしたのか。ともかくこの周囲は完全な無人の冬山地帯なわけで、どんな状況だろうと独力で脱しないといけない。強風に吹きつけられじりじりと体温も下がってきているがどうしても体が動かずその場に寝転がって朦朧としてすこし休んでいると、スノーリッジからずるずる滑り落ちていることに気づき、這いつくばりながら必死に体を動かして登り返し、稜線の頂部に抱きつくように体を預けてまた休む。あぁまいった。

ザックを降ろし、中からカーボショッツを取り出して吸いつく。続けて練乳まるまる一本と、カロリーメイト二袋を消費する。ともかく風が強いのでなるべく早くこの場を離れなければいけないと必死に立ち上がり、一歩進んで休み、一歩進んで休みながらふらふらと前進する。

なんとか100mほど進み風除けになりそうな岩陰に達したところで座り込み、湯を沸かして本格的に休むことにする。

IMG_0112.jpg

変調の原因はおそらくハンガーノックだろうと見込みをつける。冬季にやってしまうのははじめてだ。あまりに長時間寒いテント内で停滞して体力を奪われた一方でエネルギーの補給が足りていなかったのかもしれない。このまま予定通り木曽方面に進むか、それとも鼻の先にある木曽駒ヶ岳まで登り返して出発点の千畳敷に降りるか、過去の冬山行を思い起こし比べながら思案する。わずかとはいえ体力を浪費する登りは嫌な気がする。このまま先に進めば距離は長いけれども下りだけのようだし尾根筋だからラッセルもさほどきつくないんじゃないかと想定し、予定は変更せずそのまま歩いてみることにした。カーボショッツの効き目は驚くほど早く、休んでまもなくすると体が動くようになった。

そこから先は、さっきまでの異変がウソのように快調に歩く。視界はすっかり雪雲に覆われているけれども、森林限界上の稜線を緩やかに下りながらふわふわとスノーシューで歩くのはとても楽しい。すっかりご機嫌。

IMG_0121.jpg

しばらく稜線のハイクを満喫しながら歩き、樹林が現れてくるころには何だかんだお昼になっていた。

IMG_0127.jpg

ここから先はすこし雪が増えるかもしれない。でもコースタイム的にはまだ余裕がある。自作のチタン製ジェットボイルもどきを取り出し、湯を沸かしてコーヒーブレイク。

IMG_0126.jpg

標高2600mくらいだろうか、ブレークポイントは尾根の踊り場になっており、ここからさらに下るのだけれども降り口の方向が樹林に隠れてよくわからない。右か、左か。まずは左側を少し降りてみるとさらさら雪のものすごい急斜面でこのまま行くと登り返しが難しそうなのでいったん戻り、今度は右側へ進んでみる。しかし右側へしばらく行くと今度は左のほうに本筋が見える。やっぱり左か、と逆戻り、先ほどの急斜面を今度は迷いなく滑り降りる。しかし降りてみると右側に本筋が見える。しまった行き過ぎたと雪をかき分け食らいつき必死に登り返してまた右側へ進む。しかしどうしても尾根の本筋に進めない。iPhoneのGPSとコンパスを何度も見比べて方向を見定める。やっぱり左側から回りこむのかと急斜面をさらに下ってみるも、やはり違う。こんどはさらに厳しい登り返しになってしまった。めんどうなのでスノーシューをつけたまま無理やり登ると雪面が崩れて滑り落ち、スノーシューを枝にひっかけて真っ逆さまな状態でぶら下がってしまった。どうにも動けないので逆さまの状態のままスリングを枝に巻きつけそれを手につかみ、勢いをつけて靴から足を引っこ抜く。ローカットシューズなのが幸いしてなんとか復帰できたけれどもハイカット靴でがっちり靴紐を結んでいたら万事休すだったかもしれないなと恐れおののく。再び踊り場まで登り返したころにはすっかり体力を浪費する。すでに2時間ばかり行ったり来たりしているうちに日が傾いてきた。尾根筋は登るのは易しいけれども下るときは意外とドツボにはまりやすいものだなと感心しながら行動食を摂って一息つく。

右も左もダメなら真ん中かと、一見そこにはルートは続いていなさそうな樹林の斜面をかきわけながら下ってみると、その奥にくねった細尾根が続いていた。ようやくルート発見。しかし時間が厳しくなった。急がなければ。

そこから先もトレースの一切無い樹林帯で、何度もルートを間違える。GPSは補足しているのだがiPhoneの地図では細かな地形は読み取れず、ことごとく勘も外れる。

IMG_0128.jpg

ところどころ獣の足あとがあらわれ辿るように歩いてみるも、ときには騙されルートを外される。あまりアテにならない。

IMG_0125.jpg

ようやく7合目の遠見場に到達。16時を過ぎている。終電に間に合うだろうか。

IMG_0129.jpg

いよいよ周囲は暗くなってくる。暗くなると一層ルートの判別が難しくなり、間違った方向に進んで難所にハマり、枝にぶら下がったり岩壁をトラバースしたりしながらぐるりと周って同じ場所にもどってきたりしているとさすがに途方にくれてくる。今日中の下山はもう半分あきらめビバークの用意をはじめ、湯を沸かそうとストーブを取り出すがライターが湿気ってしまったのか2つとも火がつかない。これはたまらないのでやっぱり歩こうとナイトハイクの覚悟を決めてヘッドライトを装着し歩き続けることにした。

疲れて歩くペースが落ちたのか、ルートミスを繰り返して時間ロスしたのか、20時を過ぎてもいっこうに到着しない。標高が下がって悪天候から脱し、月が出てきたのだけが幸い。ようやく遠くの下界に街の灯りが見えてきた。両足はさすがにへとへとに疲れ、その後も森の中で何度もルートミスを繰り返しながらも、もうどうせ降りるだけだろと開き直って直進し、藪に入り込み、獣の音に怯え、なんとか上松の登山口まで辿りついたのが23時過ぎ。川の水を汲んで喉を潤しへたりこんで休む。トラブル続きですっかり時間をかけすぎてしまった。もちろん終電は乗り過ごしてしまったわけで、当初のプランである1泊で中央アルプスを通り抜ける日程としては未達成になってしまった。

カテゴリー:hike, Outdoor

1/29-30 木曽駒ハイク(1)

年末年始はあっさりと南アルプスを敗退し、次のターゲットは2月の3連休と目論んでいたのだけれどどうにも辛抱堪え切れず、せめて1月中にどこかの雪山を歩けないものかとかねてより頭に描いていた木曽駒のロープウェーを使って1泊で中央アルプスを通り抜けるプランに単身出かけてみることにしたのは1月の終わりのころの話し。

前日の深夜に高速バスで長野県の駒ヶ根に入りビジネスホテルに泊まる。翌朝、コンビニで食料を買い込みサーモスに温かなホットレモンを充填してからバスを乗り継ぎロープウェーをあがり千畳敷へ。天候は思わしくなく降雪で視界がよくない。

P1294606.jpg

まずは木曽駒ヶ岳を目指す。距離は半日もかからない程度だけれどルートの状況によるだろうか。選択できるルートは2つ。千畳敷カールはちんたら歩いてると雪崩の恐れがありそうだし、宝剣山を経由していくルートは岩場の危険ルートのようだ。一応簡易ロープは持ってきてはいるけれど、単独行でもあるので他の2パーティも向かうカールを登っていくルートを選ぶことにする。

トレースはなく、しばらく深い雪をかきわけて進んでいくと量感のある岩山の視界が開けてきた。

P1294609.jpg

さっそくカールに取り付く。いつものスノーシューとダブルストックのスタイル。進むごとに斜度がどんどんあがっていくが、トレースのない斜面をかきわけ登っていくのは気持ちいい。雪崩がちと恐いのでなるべく端のほうへ寄る。

P1294612.jpg

P1294613.jpg

降雪は続いているが、風はさほど強くない。たぶんカールを登り切った上は強風だろう。

P1294614.jpg

だいぶ上まで来ると雪が少なくなってくる。岩肌が出てきてスノーシューで歩きづらい。

P1294615.jpg

P1294616.jpg

ようやくカールを登り切って乗越にあがる。

P1294617.jpg

とんでもない強風。視界も悪い。でもここから木曽駒ヶ岳までは高低差も少ないまったりしたルートを歩けるはず。しかもまだ昼前だ。時間は十分にある。

空と雪の色はもはや見分けがつかないあたり一面のグレー色。無機質な岩肌だけが露出している黄泉の世界。

P1294618.jpg

突然小屋があらわれたり。

P1294619.jpg

小屋の建物を風除けにして昼食をとる。おにぎりとカロリーメイトをつめこみサーモスに入れたホットレモンをすする。

P1294620.jpg

他のパーティーはもうこちらのほうへは来ないみたいだ。ここから先は完全な単独行。

貯水用のドラム缶? 真っ白な世界のなかに浮いているよう。

P1294622.jpg

天狗荘を過ぎたあたりからルートを見失う。

P1294625.jpg

そもそも雪にうもれてルートもなにもないし視界もないから山頂もどっちなのかわからない。強風の中コンパスを頼りにともかく歩いて行く。

岩の斜面を登っていくとすぐに社のような建物が出てきた。ここが木曽駒ヶ岳山頂だろうか。あっさりと今回のルートの最高地点に到達。

P1294626.jpg

とにかく風が強いので長居は無用と通り過ぎる。ここから目指すは西の方向。登ってきた千畳敷とは反対の木曽方面へ降りる。登りはロープウェーだったけれど、下りは徒歩で下まで降りる予定。

P1294630.jpg

下りもなかなか軽快に進む。玉ノ窪山荘の手前あたりの岩陰、人のいるはずのない山中に黒い影かとビックリしたら石像だった。

IMG_0109.jpg

標高2800m地点。山荘を過ぎようかというあたりで風に煽られ耐風姿勢で凌ぐ。ルートが分岐しているので地図を見ようかとザックにぶらさげたマップケースを手に取ると口が開いていて地図がない。しまった、風に奪われてしまった。こんなときに限って予備を持っていない。

どうしようかこのまま進むかそれとも戻ろうかと座り込んで考えあぐねているうち眠くなってくる。そういえば今日は早起きしたからな。もうすでにルートの半分は歩いたようなものだし、時刻は14時だけれど風除けになりそうな石像の場所まで戻り幕営することにした。

カテゴリー:hike, Outdoor

Tanigawa Fes. 2010-12-18 to 19

いよいよシーズン初の冬ハイク。もろもろ装備のテストも兼ねて谷川に集まったのは14名。Roadmanjanさんはじめ西黒尾根を行くエクストリームチームと、ロープウェーを経由して天神平から歩くまったりチームに別れてハイクアップ。

こちらはまったりチームの最後尾。しかしあいにくの天候で山頂に近づくほど風が強い。ホワイトアウトの中に突っ込む。

PC184183.jpg

PC184186.jpg

1900mの肩の小屋直下は強風のなか新雪のラッセル。雪が流れてなかなか進まず、視界もほとんどない。必死に赤い旗を追いかけていると突然目の前に小屋のシルエットが現れる。急いでかけこむ。

冬装備の性能を試すには格好の環境だった。ハイクアップだったのでウェアはベースレイヤーとソフトシェルのみだったけど、やっぱり強風を浴びると血流が阻害されるのか指先が痛みはじめる。R1かハードシェルを着込んで体幹を守るべきだったか。先の状況を見越して早め早めのレイヤリングを心がけたい。足回りはまったく問題なし。

肩の小屋で鍋にあたたまる。見事なカニだのアンコウだのといろんな食材が次から次へと出るわ出るわ。

PC184198.jpg

日本酒を熱燗にして甲羅酒。サイコーにうまい。

写真.jpg

食後は暴風の稜線上でビビィ寝する。予報のとおりだとすると風速18m程度。

写真がボケボケですが自作のタイベックビビィ。あえて風を直撃するところに寝てみた。サイズが大きめなのでバサバサと風を孕むけど寝るには問題はない。頭部と足元にもつけたNoSeeUmメッシュは雪をちゃんと防いで通気してくれる。

PC194210.jpg

結露はまったくない、ということはなく、うっすらと湿気は発生してた。けど水滴というほどのものではなく、ブリーズドライテックよりはるかにマシ。まぁまぁのパフォーマンスかな。

テント組は強風で設営にかなり手間取ったみたいだけど、ビビ寝はさっと広げて入り込むだけ。強風下ではこのイージーさがやっぱりいい。でも酒をしこたま飲んだので何度かトイレに立ってそのたびに雪風が舞い込んで大変だった。ペットボトルは必須か。

布団は自作キルトだけど、背面のストラップを止めずに適当にかけて寝てたからあまり温まらなかった。でも-10℃程度なので風さえ防げればダウン上下でそれなりに寝れる気温。さすがに明け方には冷えたけど。

PC194208.jpg

翌日は打って変わって素晴らしい天候。雲ひとつなく風も穏やか。昨日の鍋の残りでおじやとうどんを作ってたらふく食べてから、山頂まで往復して遊ぶ。

PC194213.jpg

PC194216.jpg

PC194217.jpg

近いうちに、この稜線を歩きたい。

PC194219.jpg

去年から冬山志向のあるハイカーと連れ立って出かけはじめたけど、今年はなかなかの大所帯になった。冬ハイクでの自立を目指す人がステップのひとつとして、あるいはそのシーズンの装備をテストする場として、組織立てるわけじゃないけどゆるい互助関係で、みんなで歩けるのはとてもうれしい。

PC194223.jpg

今年のお鍋マンナリさんでした(笑

Thanks for all! ではではよいお年を

カテゴリー:Outdoor

SIMフリーのiPhone 4で日本通信にMNP

とある早朝、宅配便のお届け、シンガポールから届いたiPhone4。眠い目をこすり、あらかじめ用意していたPodditiesを装着する。

PB284177.jpg

カラビナ式のストラップ、なんせ落とすと大変だ。僕の3GSは今も北アルプスの深奥、日本最後の秘境に眠っている。もう二度とあのような悲劇を繰り返してはならないのだ。

わざわざシンガポールから調達したこのiPhoneはSIMフリー機だ。SIMカードを挿せばドコモでもSoftbankでも好きな電波につなげられる。auは方式が違うからダメだけど。

16GBモデルで値段は888SGD=56,000円。日本でロックのかかった同じモデルをSoftbankの一括で買うと46,000円だから、そんな高くない、かな…

翌週、日本通信から届いたSIMカード。まんまFOMAやんけ。そうなのだ。日本通信はドコモから電波を借りて事業をしている会社なのだ。だから日本通信と回線契約するとドコモの電波を使えるようになるのだ。

写真.jpg

MNPで移転したから今までの電話番号を引き継いでいる。Web上で申し込みをしてから10日ほどかかった。届くまでの前日にSoftbankの回線は最後の息を引き取った。グッバイSB

カードをパキっと割って取り出して、トレーに刺す。電波を認識。「NTT DOC…」ドック? ドッチ?

PB284178.jpg

速度は測ってみたところ下り800kbps前後。あまり速くはない。でもPCにつなげてデータ通信(テザリング)もできるのはよい。もちろん通話も問題なくできる。料金は月額6260円。「talking b-micro SIM プラチナ」という長ったらしい名前のプラン。高いといえば高い。

でもアウトドアで遊ぶにSoftbankの電波はあまりにも非力。

201011291456.jpg

やっぱりドコモのネットワークを使いたいよね、というわけで。

カテゴリー:Mac/iPhone

黒タイベックビビィ / Black Tyvek Bivi

昨シーズンの冬は北アの稜線で強風の洗礼をうけた。

PC282135.jpg

自立ドーム型テントでは持ちこたえられそうにない、場所を間違えばテントごと吹っ飛ばされるか少なくともポールが折れるんじゃないか、というか設営すらままならない、目があけられず呼吸ができないくらいの雪混じりの強風。そんな場所でどうすれば安全快適にビバークすることができるだろうかと考えるに、やはりビビィサックで行き倒れ的に寝るのが一番イージーで安全じゃなかろうかと思うに至ったのでした。

ということでまず手始めに、ビビィというわけじゃないけれど最軽量のスリーピングバッグカバーであるMontbellのU.L.ブリーズドライテックスリーピングバッグカバーを試してみたところ、これは雪中で二回使って二回ともひどい結露で内部がぐしょ濡れ。連泊するとシュラフが使い物にならなくなるおそれがあるため採用を断念。

P4302965.jpg

Montbell U.L.ブリーズドライテックスリーピングバッグカバー

その次にMLDからSoul Bivi Side Zipを発注。Momentumという素材は防水性はないけれども撥水性があって透湿性もすこぶるよいらしいということで冬用に期待していたが、他の人からのレポートだとやはり冬場での結露は免れないらしい。

P6203709.jpg

MLD Soul Bivi Side Zip

3層ゴアやe-Ventは結露には強い、らしいけど、くそ重い。

さぁどうしたものかと思いあぐねていたところ、タイベックは対結露でかなり性能がいいらしいという話。Locusのシェルターもタイベックだし、こちらの方も布団袋をビビィに応用されているのを目に付け、さっそく布団袋をお取り寄せまずはプロトタイプを作成してみた。

黒タイベックビビィ / Black Tyvek Bivi

PB234161.jpg

サイズは縦220cmx横110cmのスーパーワイド仕様。標準サイズのビビィだときつくて冬用シュラフのロフトを圧迫してしまうのでかなり余裕をもたせてみた。水や靴や食料などの凍結を防止するために抱えて眠るときも大型のほうが使い勝手がよいだろう。これくらいのサイズだと中で靴下を履き替えたりちょっとした着替えも可能だ。もしかすると二人寝れるかもしれない!

自作キルトを入れてみた状態

PB234164.jpg

ここまで大きいと、どうせならもうポールを通して自立仕様にしてしまいたい気分。Utopiaなんかと組み合わせてフロアシート的に使っても幸せな気がする。

というわけで重量は322g。サイズがサイズだけに最軽量とはならないが、でもギリギリ担いでもよい範囲に収まっているかな。。。

素材は布団袋から流用。黒いカラーは太陽光を吸収するのでシュラフを乾燥させるのに効果的だとか。ファスナー一式はOMMよりお取り寄せ。

PB234166.jpg

両サイドのダブルジップはかなり長めにとってある。左側のジッパーは頭部のバグネットに連結し、右側のジッパーをあげると頭部を全閉する構造。屈曲する箇所の縫いつけには手間取った。

PB234165.jpg

頭部には針金でフレームを入れてあるので、幕が顔に垂れ下がってくるのを防いでくれる。バグネットは吹雪のときにも役立ちそうだけれどどうだろうか?

PB234162.jpg

内部にメッシュでスリーピングパッドホルダーを縫いつけ。ビビィで寝るときはいつもパッドがずれて困るので固定したかった。90cm長に合わせた。

PB234163.jpg

ついでに足元にもパッドを固定できるように。

あとはクライミング用のスリングを縫いつけて、難所でも滑り落ちないようにする予定。

これで稜線上でどんなに強風が吹きつけても、ビビィの中にもぐりこんでしまえば安心安全。という目論見なんだけど、果たしてうまくいくのかどうだろうか…?

カテゴリー:DIY, Outdoor

Gill B300 ネオプレンオーバーシュー / Neoprene Overshoe

冬ハイクの足回りに自転車用のネオプレン製シューズカバーを活用すると非常に暖かく、防水ランニングシューズと組み合わせることで軽快な足回りに仕上がる。ということでいくつものシューズカバーを取り寄せてああでもないこうでもないと試してみたのだけれども、昨シーズン末にようやく納得いく使い勝手のものに巡り会えた。

Gill B300 ネオプレンオーバーシュー

201011181529.jpg

今までの他のシューズカバーの欠点というか不満は、

1) ジッパーだと着脱が面倒。雪がつまる

2) つま先のホールドが中途半端だったりしてスッポ抜けたりする

3) つま先部分が擦り切れてほつれて摩耗する。ワンシーズン持たない

などといったもの。

このGill B300は、ベルクロでの簡単な脱着、つま先部の補強による耐久性、がっしりしたホールド感など、他のシューズカバーの欠点を完全にクリアしてる。3mmネオプレン生地なので保温性も問題なし、濡れにも強い。今まで探したなかでは冬ハイクに最適なシューズカバーだ。

P4302934.jpg

P4302935.jpg

つま先部はしっかりとした補強。岩にぶつけてもアイゼンの留め金やバンドで摺っても今のところ耐久性はまったく問題なし。

P4302936.jpg

足裏をベルクロで固定。柔軟にピッタリ決まるので、シューズとの間の雪の入り込みを防ぐことができる。

P4302942.jpg

かかと部の固定もベルクロで。適当に引っ張ってくっつけるだけ。着脱のわずらわしさがなく快適。

P4302939.jpg

シューズはMontrailのATPlus GTXを使用。ゴア製なので防水。ソールもやや固めで山道をまったり歩くにはもってこい。ローカットなので、テント泊時にもシュラフ内で抱えて眠ることができ凍結防止できるのがよい。なにより登山靴なんかより軽く歩きやすい。

P4302940.jpg

つま先部はこのように。アイゼンを装着してもずれたりすることはない。

シューズカバーは足首周りもピッタリ覆ってくれるので、雪の入り込みを防ぐゲイターとしても機能する。山行中に一度装着したらつけっぱなしで、かかと部のベルクロの着脱だけで靴も一緒に脱ぎ履きできるので、ゲイターを着脱するよりも楽だ。

P4302941.jpg

後ろ側にリフレクター。

購入するときはサイズ選びを慎重にしたほうがよいかも。

ちなみに今冬の足回り構成は以下の予定。

厳冬期over森林限界3000m級をターゲットとして十二分の保温性を確保しつつ、軽快な足回りに仕上がってきたかな。

カテゴリー:gear, Outdoor