ホーム > gear, Outdoor > 最強の靴下

最強の靴下


冬山でどんな靴下を履くべきか。昨シーズンはとにかく暖かければいいのかということでウールの厚手の靴下を二枚重ねで履いていたのだけれど、夜テントで過ごすときに蒸れて保水した靴下が凍り付いて刺すような痛みに苦しめられ、それ以降は日数×2枚の予備靴下を持参して頻繁に交換するようになったのだが、これがまたけっこうかさ張るのだ。とはいえ凍傷は怖い。冬山遭難でまずダメージが来るのは足先の凍傷だ。ここに寒気を感じると恐怖すら覚える。冬山の靴下は、通気性、保温性、防水性など、相矛盾する機能が求められる最もデリケートかつ対策を怠ると高い代償を求められるアイテムなのだ、と思い知った。

で、来シーズンに向けて靴下をなんとかしようと思っていたのだけれど、ググってもいまいち良い解決策は見つからない。厚手のウールの靴下を履け、と。いやそれ凍るって。

すべての機能を1本の靴下に求めるとすべてが中途半端になるのだと思う。アウトドアウェアの常道たるレイヤードを靴下にも適用すべきなのではということでいろいろ工夫してみた今のところの結論。

インナー: ささ和紙五本指ソックス

IMG_0090.JPG

熊笹をすきこんだ和紙を糸状にして編み込んだ靴下という優れもの。触ってみると分かるがこれは完全にメッシュだ。蒸れようはずがない。あとは速乾性がどこまであるか。保水したままなのだろうか。試してみないといけない。クールマックスの五本指なども試したけどあればダメ。やっぱり蒸れる。

いずれにしろこのインナー層のみを交換するので、荷物としては軽くなる。

ミドル: Rocky ゴアテックス防水ソックス

IMG_0091.JPG

おなじみのゴアテックス素材を靴下にしたもの。がんばって海外から取り寄せた。防水性はばっちりだ。足の蒸れによるインナーの保水した水気を外に直接出さず、透湿機能で徐々に出して行く。そして濡れ戻さない。いわゆる蒸れ・濡れを分断統治するための防御壁。なおかつ外からの水気や寒気を完全にシャットアウトできて暖かさも確保できる。足を水につっこんで靴がずぶ濡れになっても安心だ。いざというときはアウターにすることもできる。

アウター: がまかつポーラーテックソックス

IMG_0092.JPG

釣り具メーカーの靴下。保温性に優れたフリース素材のポーラーテックというやつを靴下にしたもの。ウールと比べると、保水せずに速乾するところが違うのか。ただしひとたび濡れると保温力は落ちる(と思う)ので、濡れない事が前提になる。暖かさは問題ないレベルだ、というかとても暖かい。ACORNのなんかはカラフルでかっちょいいけれど、こちらは口回りにゴムがあってずり落ち防止できるのがポイント。とはいえフリースなので生地全体に伸縮性がないのでやはりずり落ちやすいのがネックか。かつてのコギャルのようにソックタッチを塗るか。。。

この三層レイヤード靴下で冬山では最強!のはず。もう凍らせない。たぶん。。。

しかしアウターのフリース部分は外から濡れないことが前提なので、靴自体にも工夫が必要になってくる。近年のゴア系登山靴は、これまた一つのアイテムで防水性と保温性と通気性を持たせようと無茶をするからどの性能も中途半端になるわけで、靴周りもさらにレイヤードを取り入れるべく、ただいまいろいろ海外より取り寄せ中。

広告
  1. 2009-11-27 13:54

    結局このレイヤリングはどうだったのでしょうか。

    とりあえず、手持ちのブレスサーモの5本指インナーソックスとスマートウールミディアムの2枚重ねで
    行こうかと考えてますが、どんなものですかね?
    あとネオプレーンカバーはモンベルのサイクルフットウォーマー(ショート?ロング?)とかでよいのでしょうか?

  2. 2009-11-27 14:13

    > kimatsu先生
    快調ですよ。このレイヤリングに変えてから足が冷たくなることはいっさいなくなりました。いまはインナーをInjinjiに変えてます。ささ和紙は吸水速乾性はばつぐんですが耐久性に難があって。。。

    防水層を含まない二重レイヤリングの場合は、保温性は十分でしょうが、やっぱり蒸れる(とくにゴア系シューズの場合)と思うので、靴下に含まれた水分がじきに凍り付いて冷たくなる要因になるんじゃないかと思ってます。なので替えを大量に、1日2足分くらいを持って行って、行動時と停滞時で履き替える必要があるかと。行動中に履いていた蒸れた靴下を寝るときもつけていると足先が冷たくて冷たくて泣きそうになったこともあります。停滞中に靴下をシュラフの中にいれてあっためて乾かす人もいるらしいですけど、汗や皮脂がついてしまうと完全な回復は無理なんじゃないですかね靴下って。

    防水層を含む三重レイヤリングですと、アウターは蒸れから守られ保水することなく保温性を保ったままなので、結果インナーも凍り付かないので取り替える必要がないのが楽です。

    ていうかブレスサーモの靴下ってのはいいですね!それって使えるかも… 蒸れたらほんとに発熱するかな? 試してみたい

  3. 2009-11-27 14:47

    ありがとうございます。このレイヤリングはいけますか。
    でも防水ソックスってあまり売ってないですよね。
    そのまえに靴のサイズがそんなに余裕ないはずなので、3重とかむりっぽいですが。
    結局靴買わないといけない!?。。色々買いまくったのでもう無理。。

    ネオプレーンカバーの方も教えて下さいまし。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。