ホーム > gear, Outdoor > まだまだ重い・・・

まだまだ重い・・・


IMG_0221.JPG

私、とにかく体力がないのであります。フィールドに出かけるようになってかれこれ1年になりますが、いまだに山道で誰かを追い抜いたことはなく、後ろに人の気配がすると爺婆だろうと子供だろうと必ず追い抜かれ、夕日指す午後には誰もいない山域でひとりとぼとぼと歩いているのであります。おまけによく途中で疲れて眠りこんでしまったりします。コースタイム通りにたどり着くことはまずありえません。。。

そんな私にとって、そもそもULの考え方がなければアウトドアの世界に入ってくることもなかったでしょう。とにかく荷を軽くしないと絶対に楽しめない!というのは大前提だったのであります。体力つけろよ!という声も聞こえてきそうですが・・・

一年かけていろいろ勘案して絞り込んできた冬山用の装備重量、今のベースウェイトはおよそ8.5kg。水・食料・燃料込みのパックウェイトは12kg程度。これをGoLite JAM2やVapor Trailに積み込むわけですけど、重い!やっぱり重いっす!一日の後半には疲労もたまって肩に荷重が食い込んでくる気がしてきます。

今シーズン分かったことは、もっと絞り込まなければ楽しめない、ということ。アンダー10kgが至上命題だ!

目標ベースウェイト7kg、パックウェイト9.8kgまで絞り込みますよ。シミュレーションも済んだ。あとは軍資金だけだ。

[軽量装備への買い替え]

もう軽量化の余地が残っているものは少ないが、残された聖域にメスを入れる。

・ハードシェル: Patagonia Rain Shadow Jacket 369g -> OR Zealot Jacket 218g

・インナーダウン: Patagonia Down Sweater 352g -> The North Face Light Heat Jacket 180g ※あくまでモン○ルにしないところが甘さですね

・スコップ: MIZO チタンスコップ 284g -> SNOW CLAW SHOVEL 173g

・ドイターのファーストエイドキットバッグS 60g -> Granite Gear Air Pocket S 18g

合計 476gの軽量化

[不必要なものは持たない]

・KAWASAKI ポケットウォーマー&Zippo燃料(いらなかったね)

・ハイドレーション(ネオプレンホースカバーつけてもやはり凍り付いて使い物にならなかった・・)

・Montbell ULコンフォートシステムピロー 90gもあるんですよ!贅沢は敵だ!

・SnowPeak 和武器!これほど無駄なものはないw

・2個持っていたiPhone用予備バッテリーを1個へらす(最近、iPhoneの電源効率がよくなってきた気がする)

・水1.5Lをなくして燃料(192g)を一個多く持つ。Jetboilでがつっと溶かせばいいじゃん!Platypusに入れててもどうせ凍っちゃうし。

・着替えの厚手靴下(薄手のインナーソックスのみ予備を持つ。ゴア靴下もあるし大丈夫でしょ)

・冬は雪上にテント張るわけだからフットプリントもいらん。テントも直に収納すればサックもいらん。

[パックウェイトには含まれないが、ウェアも軽く]

・アウターパンツ: Patagonia Backcountry Guide Pants 822g -> Patagonia Traverse Pants 261g

・ピッケル装着用のカラビナとスリングも最軽量なものに変更。

・ビーニーも薄手なものに。バラクラバもあるし。

[バックパックも換える???]

・Osprey Exos 58L 990g。とっても気になっています。フレームの調子はやはりVapor Trailとかとは比べ物にならないのでしょうか??最終的には体感重量こそが問題だからなー。ポケットが多いとそれだけサック類も不要になるわけだし。などと正当化する理由を考えていたりします。。。

まだJetboilとシュラフを軽量化できる。そこに着手するとさらに600-700gくらいは稼げるだろうか。

広告
カテゴリー:gear, Outdoor タグ:
  1. 2009-01-0423:32

    9.8kgですか!

    リアル雪山でこれだけのUL化はやはりかなり先鋭的でございましょう。
    今後のご活動の様子も剋目してお待ちします。

    ただ、インナーダウンくらいはモンベルでよいのではないですか?

  2. 2009-01-0500:01

    いっそテントをやめてしまうのはどうでしょう!!
    私は次の奥多摩で、タープ&アドレナリンに挑戦してみようかなと
    思ったりしていますよ。これで500g弱の軽量化です。

    EXOSは、46Lのほうですが、フロントとサイドのポケットに
    ・MSR ハバHPのポール
    ・ストック2本
    ・ナルゲン1L+ペットボトル(500ml)×2
    ・ダウンジャケット
    を収納して、まだ余裕がありましたよ。
    たぶんフロントポケットだけで、ハバ全て収納できると思います。

    フレーム強度とかはわかりませんが、土屋さんが書いている通りの
    「着る」感覚というのは、実感できました。運動不足な私があれだけ
    歩いても、翌日は筋肉痛以外の部分的な痛みは皆無だったので。
    全体がスリムなシルエットになっているのも大きいんですかね。

    ただ、

    >雪の時期には背面メッシュに雪がつまったり、凍ってしまうでしょうから、「雪」山には不向きですが

    私はここまでのシチュエーションを想定する必要はなさそうですが、
    wander-zさんなら一考の余地有りかなと思いました。

  3. wander-z
    2009-01-0501:30

    > kimatsuさま
    冬山の軽量化ってあんまり基準がないんで困りますよねー。誰か標準化してくれないかなー。床ありテントで重量級シュラフで寝ている私はまだまだ重い部類じゃないかと思っているんですけどね。
    しかし軽量化が重要と言えども、わずか30gの代償でモン○ルがTNFになるとなれば黙ってはいられませんw

    > toriさま
    タープですかー、ORのライトヘブンとかGoLiteシャングリラ1みたいなフロアレスシェルターという線もありですよねー。私の場合、森林限界上のトレイルを前提としているので自立式テントにこだわっていたのですが、強風時でも大丈夫かしらん。でも一番軽いのはやはり雪洞!?タープ+半雪洞という線もありですね確かに、むむむ。
    Exos、どこかで実物を見てから考えます。冬でも背面になんか詰めてれば大丈夫なんじゃないですかねー、なんて自分を言い聞かせたりしています。

  4. 2009-01-0502:02

    http://www.vertex-corp.co.jp/Brands/GRANITE/accessories.html

    強風時はポールがあるほうをダッジャーなるもので覆って、
    反対側をペグダウンしてはどうかなとか考えてます。
    とにかく低く張ればいいんじゃないかと素人考えですが。
    しかし、MSRハバHPがなまじ軽量なもので、
    だったらハバのフライとフットプリントだけ持ってけばいいじゃん
    という話になってしまうんですよ。とほほ。

    Exosの背面はたしかになんか詰めれば解消できるかもしれないですね。
    背負ってる限りは密着してるのでそれほど隙間もないように思いますし。

  5. wander-z
    2009-01-0513:30

    ダッジャー!?なんだか怪しげなアイテムですな。Granite Gearこんなレアものも出してるんですかー。
    私ならMSR Eウィング180g+モンベルシュラフカバー185g、でしょうかね。。。合計365g。うはー激しすぎる!

  6. 2009-01-0517:35

    その組合せには負けますが、MSRの新製品のE-Bivyを手持ちのSilTarpと組み合わせたい気持ちになっています、激しく。アドレナリンが入るのか微妙そうですが。
    頭は屋根ができるわけなので、手持ちのモンベルでもよいのでしょうが、そこは新製品への物欲ということで。

  7. wander-z
    2009-01-0518:43

    おぉE-Bivyはじめて知りました。いいですねー。確かに頭部の安心感が違いそうですが呼気も閉じ込めてしまいそうで結露具合が知りたいところです。

  8. 2009-01-0600:21

    ぶほ。MSRそんなん出すんすか。
    biblerのwinter bivyより安いとは。
    しかし私の脳内ではタープという屋根があれば、
    ビヴィはいらないんじゃないかっていうほうに傾いていますよ。
    wanderzさんがおっしゃるように結露も気になりますし、
    アドレナリンの撥水力を信じたい気もしますし。

    あと、肝心なところで、降り積もる雪にタープは耐えれるんですかね。
    まぁそれぐらいになったら自立式でも埋まる心配が出てくるでしょうが。

    なんかこの話題で盛り上がってるのは私らだけでしょうか。

  9. wander-z
    2009-01-0700:34

    私はかなり結露に苦しんでますよ。アドレナリンの撥水力うんぬんでは抗しがたいのではという気がしてます。まぁ冬キャンの永遠の課題ですかね。

    タープで雪が降り積もる状況って、そんなチャレンジャーな人あまり聞かないですね(笑)。やっぱり縦穴を掘って半雪洞状態にしておくのが正解かなと。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。