アーカイブ

Archive for 2009年2月

化繊は嵩張るのか?

気になるので比較してみた。モンベルの#5各種をカタログスペックから数字を拾ってみる。

★仕様

・ULSSダウンハガー#5 800FPダウン 重量538g 収納サイズ 12.2X24.2cm/2.3L 重量あたり収納サイズ 4.28L/kg

・SSダウンハガー#5 650FPダウン 重量763g 収納サイズ 14.7×29.1cm/4L 重量あたり収納サイズ 5.24L/kg

・SSバロウバッグ#5 化繊 重量1.01kg 収納サイズ 15.9×31.5cm/5L 重量あたり収納サイズ 4.95L/kg

★重量比率

・ULSSダウンハガー#5(800FP) : SSダウンハガー#5(650FP) = 1 : 1.42

・ULSSダウンハガー#5(800FP) : SSバロウバッグ#5(化繊) = 1 : 1.88

★収納サイズ比率

・ULSSダウンハガー#5(800FP) : SSダウンハガー#5(650FP) = 1 : 1.74

・ULSSダウンハガー#5(800FP) : SSバロウバッグ#5(化繊) = 1 : 2.17

同一の保温性能で比べてみると、それぞれ重量や収納サイズは大きく異なるのが分かる。特に収納サイズの違いは800FPと化繊とで2倍以上になる。

しかし重量あたりの収納サイズを見ると、化繊だろうがダウンだろうがどれもだいたい4-5L/kg近辺でそれほど大きな違いがあるわけではない。むしろ650FPは化繊よりも嵩張るくらいだ。これは要するに、”同じ重さのシュラフであれば化繊でもダウンでも収納サイズはたいして変わらない”という法則が成り立つことを意味している!(本当かよ!?)まぁ保温性能は半減するわけだが。

カタログスペックの重量値を見て収納サイズを想像するときには役立つかもしれない。

カテゴリー:gear, Outdoor

キルトなんか

もうすぐ春ですね。自転車と低山ハイクのシーズンがはじまりますよ、とは言ってもですね、キルトなんかいりませんよ。あんなただの布団みたいなもの山で被って寝るなんて信じられませんよ、裾から空気入って寒いだけですし、ぜったいぜったい買ってやんないんだからね!ちょっと情報整理してみるだけよ。欲っすぃだなんてこれっぽっちも(ry

GoLite ULTRA 20

まずは我らがGoLite!色がかっちょいいじゃないですか。お値段も手頃。国内での入手もしやすいので危うくポッチり行きそうな誘惑にかられ・・・たりなんかしませんよ。

200902260014.jpg

重量: 540g

インサレーション: 800FPダウン 270g

ファブリック: 15Dnl nylon + Pertex Endurance

価格: $225

nunatak Arc Ghost

そして定番nunatak。対重量比での保温性能ではここらあたりがベストだろうか。お値段はちと高めかもしれない。

200902252356.jpg

重量: 14oz (397g)

インサレーション: 800+FPダウン 8oz (227g)

ファブリック: Pertex Quantum

価格: $328

Bozeman Mountain Works PRO 180 Quilt

見た目もシンプルでGood。化繊だと濡れにも強いですしね。これは迷いますねぇ。

200902260107.jpg

重量: 19.6oz (556g)

インサレーション: ポーラーガードデルタ 180g/sq/m 推定11.2oz (320g) ※他モデルとの重量差から推定

ファブリック: Pertex Endurance

価格: 240$

Bozeman Mountain Works PRO 90 Quilt

同じくBozemanの軽量モデル。安い、とにかく安いよママ!しかしインサレーションの量からみても完全に夏仕様かな。

200902252357.jpg

重量: 14oz (397g)

インサレーション: ポーラーガードデルタ 90g/sq/m 推定5.6oz (160g) ※他モデルとの重量差から推定

ファブリック: Pertex Endurance

価格: $130

Mountain Laurel Designs XP Quilt 5oz/sq/yd All eVENT

XP QuiltにAll eVENTモデルがあるとは知りませんでした、ということはビビィ不要?となるとその分の重量差も考慮すると最強か!?とはいえフットボックスが固定式ではないのでインサレーションの効率としてはやや余分な量があると読むべしかな?あと重量周りの正確な情報はないかしら。

200902252358.jpg

重量: 19oz(539g) *All eVENTモデルの重量は記載がないため標準モデルの重量

インサレーション: クリマシールド 5oz/sq/yd 160g/sq/m 推定14oz (396g) ※他モデルとの重量差から推定(わりと怪しい)

ファブリック: eVENT

価格: $305

Mountain Laurel Designs XP Quilt 2.5oz/sq/yd All eVENT

同じくXP Quiltの軽量バージョン。うーん、これも夏仕様だな。

200902260000.jpg

重量: 12oz(340g) *All eVENTモデルの重量は記載がないため標準モデルの重量

インサレーション: クリマシールド 2.5oz/sq/yd 80g/sq/m 推定7oz (198g) ※他モデルとの重量差から推定(わりと怪しい)

ファブリック: eVENT

価格: $295

Jack R Better The Nest

Hennesy Hammockのアンダーキルトとしても使えるというのが最大の魅力。写真のように真ん中から割って出入りできる。でもそうするとトップキルトも必要なわけだよね??うーんどうする。。。インサレーションの量は記述が見当たらず。

200902260002.jpg

重量: 21oz (595g)

インサレーション: 800+FPダウン

ファブリック: rip-stop nylon with DWR treatment

価格: $255

ついでに軽量シュラフ系も参考比較してみます。

SkyHighBag180

ジッパー全開にして引っくり返せばキルトとしても使えるとかなんとか。表地も超撥水加工で水はけもばっちり!しかし180モデルは重量効率はイマイチかもしれない。

200902260006.jpg

重量: 500g

インサレーション: SPDX860FPダウン 180g

ファブリック: NANO-TEX

価格: 32,025Yen

ISUKA Air 280

こいつは今持ってる、というかもうこれでいいじゃん、とも思うんですけどね。うーん、あえてキルトを追加購入する理由を見つけるのが難しい。

200902260004.jpg

重量: 550g

インサレーション: 800+FPダウン 280g

ファブリック: Nylon

価格: 25,725Yen

以上かな。

べ、別に買いたくて調べたんじゃないんだからね!誰がキルトなんかっ、あーうー

カテゴリー:gear, Outdoor

鳳凰三山でも敗退

我が冬山ライフは敗北の歴史を刻むのみであります。日本一の富豪となられた柳井さんですら「1勝9敗」だなんて言ってますからね。もう私ごときにとって敗退は必然なのですよ。

登山口の御座石鉱泉の手前でタクシーを降りてから、トレースのない標高差1500mの雪道を駆け上がり2400m地点の鳳凰小屋の手前で日が暮れたところでもはや精魂尽き果てました。次の日に稜線まで上がってまた同じ道を引き返すのかと思うと正直気が遠くなり、まぁ絶対ムリというわけではなかったですけど、しんどいの嫌いですしね、鮮やかに翌朝の撤退を決定しました。やはり鳳凰三山とは言えこの時期に僕の体力で2日間だと辛いかもしれない。目的の森林限界を突破できず、まったくの骨折り損です。

雪はけっこうありました。復路では若干融けかかってきてましたけど。

IMG_0315.JPG

山と高原地図のコースタイムでは5h30の道程だったんですけどね、私は10hくらいかかってしまいましたよ。あれって中年女性が基準なんですよね?私はもう死にかけの老人レベルですか?

嫌いな言葉:「気合い」「根性」「がんばる」って、そんなやつが冬山やるのもどうかしてると思いますけどね(笑)

IMG_0301.JPG

下りで滑り降りてたときだと思うけど、ストックのFoxtailを片方なくしてしまった。この際だから他のものに買い替えるか?アレとか、アレとか、いややっぱアレか!?ってもう発注してしまいました。

IMG_0311.JPG

遠くに八ヶ岳が。mt_hunterさんは満喫してるのだろうかと羨望の眼差しで眺める。

IMG_0314.JPG

帰りは御座石鉱泉のおばちゃんが車を手配してくれた。車が来るまでにお風呂にも入れてくれて、コタツでお茶とお漬け物もサービスしてくれて。いい人だね。

穴山駅から恨めしく望む山影。次回リベンジするなら3日間のスケジュールを立てないと。

IMG_0316.JPG

甲府の奥村本店でとりもつをつつきながら一人反省会。

IMG_0317.JPG

IMG_0318.JPG

うめぇー!やはり甲府とか松本とかのグルメを開拓しておかないとだね。

カテゴリー:hike, Outdoor

Knog N.E.R.D

うちのGaapたんにはKnogのライトをつけてますが、同社製のサイクルコンピュータも出るそうで狙ってます。まったり脱力街乗り派にはうってつけのデザインでかっちょいい。9functionと12functionの2モデルでそれぞれ4色展開だそうですが、お目当てはバックライトのついている12functionかな。色はもちろん白で、いや赤も渋い味出してるかな。

KNOG N.E.R.D 12function

200902241321.jpg

いままでにないデザイン&インターフェイスを搭載した、新しい発想のサイクルコンピューター

サイクルコンピューターの常識を覆す、タッチパネル式のインターフェイスを採用。KNOG LIGHTで使われるシリコンボディを使用し、工具を使わずにフックをひっけるだけで簡単に脱着が可能。本体をシリコンボディからはずし90度傾けて取付ければステムマウントに変身。さらに、スピードメーターの表示も速度の上下に合わせて数字が上下にスクロールしながら表示するなど、 いままでの機能重視のモデルとはまったく異なる発想で作られている。

力を抜いて、気軽にだけどちょっと便利。そんなスタイルが似合うメーターです。

カテゴリー:Bicycle

あれれ

今週末は一転して大雪?

また振り回されるのか・・・

カテゴリー:Lifelog

ウイダーインゼリー 大豆ペプチド パイナップル味

とにかく究極の美味さ。脳天がとろけるような甘みと酸味のおりなすハーモニーにあなたもイチコロ間違いなしです。

近所のセブンイレブンで唯一売られていたんだけれど、ついに見かけなくなった。どこかで入手できないでしょうか?見かけたら買い占めます。

おそらく、あまりにも美味しすぎて影の組織から抹殺されたんじゃないかと疑ってますよ。美食倶楽部とか、味皇料理会とか。こんなに安くて手軽なのに美味しいとグルメ界の秩序が崩壊してしまいますからね。

200902191309.jpg

しかし画像引用元のこちらさんではマズいとのレポも。うーん、、

カテゴリー:Gourmet

Montane Lite-Speed H2O Jacket

従来のLite-Speed Jacketに防水性が加わって新しくなったモデル。欲しい、欲しすぎる。店頭でムニャムニャ悩む。でもデザイン的にはジッパーのところが白くコントラストがついてなんかHOGLOFSっぽくてイマイチな気がしてたりしますよ。

Montane Lite-Speed H2O Jacket

IMG_0272.JPG

Montane ライトスピードH2O
Montane ライトスピードH2O

カテゴリー:gear, Outdoor

奥多摩の罠

気まぐれの天気予報に振り回されたあげく、とりあえず土曜の昼から奥多摩に行ってきました。うーん、これが結果的には中途半端な判断だった。

駅についてから最初のバスに乗ろうと決めていたら12:50にちょうど東日原行きが来ていてさくっと乗り込みましたよ。地図を拡げてみると東日原のバス停ってのは奥多摩のど真ん中でいい位置取りじゃないか。鷹ノ巣方面に向かうのか、雲取を狙うのか、北を目指すのか目移りしましたが、すぐに山に入るなら北がいいかなとルートを選ぶ。あれ、これって今大ブームの長沢ハイリョウとかってやつじゃね?うはは。

しかししょっぱなから登山口を見失い、引き返すのも面倒だったので道なき急坂を直登すべく小一時間ほど取り付く。くそっ、これが強者たちの挑戦を何度も跳ね返した長沢の壁かっ!なんてボルダリングごっこしながらやっとルート復帰したころにはもう15:00。

IMG_0296.JPG

とぼとぼと尾根を歩く。途中で麗しき女子がひとり降りてくるのにすれ違った。女子ソロは気高くかっこいいね。

IMG_0297.JPG

日が暮れるころに避難小屋を発見。中を覗いてみるとなんと薪ストーブが!これはなんて孔明の罠?なんてうろたえながらも華麗にスルーして適当な場所でビバーク。今回の食料はカロリーメイトと水のみで火も炊かず。お酒とかコーヒーセットとか持ってくればよかったなとか悔やむ。

IMG_0298.JPG

とにかく装備が過剰だった。冬山用の装備がベースだったので、テントも小振りとはいえフロア付きドームだし、シュラフもヘビー級だし。タープ&キルトで過ごせたらもう少し自然を近くに感じられただろうなと悔やむ。なにかこう、自然から隔てられてしまって疎外感すら覚えつつ眠りにつく。シルタープかE-Wingか買わないとね。

翌朝、朝寝坊しつつも食事を済まして出発し、かの長沢背稜に足を入れる。大ブームで人がごったがえしてないかと不安だったが、人っ子一人いない。あのブログの影響力も知れたもんだなと腐してみつつゆるゆる進んでみる。

IMG_0299.JPG

七跳山?とかに達したところで10:30。ここでエスケープすることに決定。酉谷山まで進んでもよかったと思うが、だってなんか場違いなんだもん。半袖になるくらい暖かいし、雪もわずかだし。やっぱり雲取を目指しておけばよかった?いや、そもそも天気予報に振り回されて奥多摩に流されてきた自分が悪い、なんて呪いつつ下山の道を辿る。

IMG_0300.JPG

林道に出たところで渋いハンターのおじさまに拾われて車で駅まで直行。趣味で猟とかする人っているんだなーと感心。鹿を撃つとその場で解体して30kgの肉とか背負って山を降りてくるらしいがこの日は成果なしとか。わしってば魚すら捌けないですし基本的にグロいのダメっす、とか思いつつも、そういえば村上某の「愛と幻想のファシズム」の主人公は猟師だったっけか?獲物を撃ち殺す瞬間ってば射精してしまうくらい気持ちいいとかなんとか言ってたっけ。西欧じゃ貴族の嗜みだしね。うーん、エクスタシー。

食堂でカツ丼を頬張りつつ、三河屋でお風呂に入りつつ、冬山に行けないフラストレーションはさらに悪化しつつ、平和で暖かな休日は終わり行くのでした。あぅぅ。

新兵器がひとつあったのですが、レビューする気にもなれないので次回以降。

せめて今シーズンにあと一回くらいは冬山へ行きたいなぁ。でも2月いっぱい納期のお仕事がいくつか控えてまして微妙な情勢。

カテゴリー:hike, Outdoor

快晴

やられた…完膚なきまでやたれた…

カテゴリー:Lifelog

今週末も

天気崩れるみたいですね。巡り合わせ悪すぎ。もうやる気なくしましたよ。こんな遊びもともと好きじゃなかったんです。やめやめ!

[追記]

早起きが苦手なので普段は金曜夜出発するようにしてるんですけど、土曜出発でゆるゆると行って雨が止むのを待ってから1.5日で帰ってくればいいのか、うーむ悩ましい。。。谷川岳はこの前ロープウェーすら動かなくてもううんざりしたから鳳凰三山でも行こうかと思ってたんだけど1.5日ではちょっと無理そう。どこに行く!?そもそも何時に雨があがるのかが問題だ。土曜日はまったく動けない可能性もあるとすると日帰り可能なエリアに限られてくる。奥多摩は初期の頃に時間を読み違えて痛いめに会ったしなぁ、大菩薩は行ったことないから限られた時間だとやはり不安だ。とはいえ丹沢はちょっと食傷気味だし。いずれにしろ万一のときに月曜は休める体制にしておくのが肝要かな。

オスプレー エクソス
オスプレー エクソス

[追記 2/13]

荷物からアイゼンとピッケル外して、JetBoilもいらないかとか、タイツも一枚でいいかなー、とかしてると、あれ?何かが違う。冬・・・山じゃないよね?僕は何がしたかったんだっけ?

カテゴリー:Lifelog