ホーム > gear, Outdoor > The North Face / 3 Finger Shelled Glove (ザ・ノースフェイス スリーフィンガーシェルドグローブ)

The North Face / 3 Finger Shelled Glove (ザ・ノースフェイス スリーフィンガーシェルドグローブ)


敬愛すべき先達ハイカーの皆様はグローブ周りをどうしてるのでしょう?

よく落っことしたりなくしたりしてしまうんですよね、小銭とか取り出すときに片っぽ脱いで脇に挟んだりしてぽとっと落とすと荷物しょったまま屈んで拾うのも最悪にめんどくさいですしそのまま風で吹っ飛ばされて谷底へひゅるるると落ちてしまったら泣きわめきますよ。

なので紐つけてみたんですけどね、ダメですかね?

photo.jpg

左側はSUUNTO Core用のエラスティックバンド(OD BOX)。右側はベルクロのアームバンド。こいつらにS字カラビナをくっつけて、携帯電話用のショックコードストラップを通してインナー・アウターのグローブそれぞれにつなげてみました。びよーんと伸び縮みしてなかなかに快適ですよ。アームバンドはやっぱりエラスティックな素材のほうがぴったり腕にハマっていいというか、そうしないと腕を下げたときにするっと抜けて落ちてしまうこともありうるので、右側はじきに買い替える予定。

S字カラビナは取り外しが楽でいいです。アウターだけ取り外したり、カラビナごと両方のグローブを取り外したりできます。ストラップの耐荷重は1.5kg。強風でちぎれるほどのものではないかなと。小枝に引っ掛けたりしないためにもできるだけ伸縮して収まりのよい素材のほうがよい。

スキー系とかだとわりと紐つけてるものありますけど、アウトドアはないんですかね?こういうの。

で、グローブ自体はThe North Faceの3 Finger Shelled Glove

去年はSeirusのエクストリームオールウェザーグローブを使ってたんですけど、やっぱり蒸れ蒸れになったあげくに脱いでほっとくと凍結しはじめたりするのでね、アウター・インナーを取り外し可能なモデルを探してたんですよ。

フィンガースルーミトン系も試してみましたけどね、ジッパーを開け閉めするのが片手だとけっこう難儀するという欠点があきらかになったというか、そもそもミトンだとピッケル持てないじゃんとか、いろいろありまして。結局さくっと脱いでそのままぷらーんとぶらさげてさくっと装着できればそれでいいんです、と思うことにした。そうすると操作性と保温性を兼ね備え、5本指より蒸れにくい3フィンガーがやはり最強かと。3フィンガーの元祖といえばHESTRAですが、たしかインナー・アウター着脱可能なモデルはなかったかな?と。

インナーはいずれ他のものに変えようかなとか画策中。

広告
  1. 2009-02-0222:09

    今年久しぶりにスキー用のグローブを新調したのですが、最初このぶらぶらとじゃまっけな紐はなんなんじゃい、と思ってました。ゲレンデで他の人の使ってるのを見て、この紐の用途を知って感動しましたよ。これさえあればちょこっとビールやらトイレやらではずして小脇に抱えてても絶対になくさないじゃないですか。
    絶対になくしちゃいけない度がより高い冬山用グローブにこそ必要な機能な気がしますですね。
    アルペンに行ったら、リストバンドに紐がついたそれ専用の既製品が500円くらいで売ってたので家族のグローブ用にそろえてきました。

  2. wander-z
    2009-02-0318:51

    > kimatsuさま
    うほ、やはりスキー用品店を探索すればあるんですね。そりゃ買わなければ!

  1. 2009-10-1500:26

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。