ホーム > hike, Outdoor > 奥多摩の罠

奥多摩の罠


気まぐれの天気予報に振り回されたあげく、とりあえず土曜の昼から奥多摩に行ってきました。うーん、これが結果的には中途半端な判断だった。

駅についてから最初のバスに乗ろうと決めていたら12:50にちょうど東日原行きが来ていてさくっと乗り込みましたよ。地図を拡げてみると東日原のバス停ってのは奥多摩のど真ん中でいい位置取りじゃないか。鷹ノ巣方面に向かうのか、雲取を狙うのか、北を目指すのか目移りしましたが、すぐに山に入るなら北がいいかなとルートを選ぶ。あれ、これって今大ブームの長沢ハイリョウとかってやつじゃね?うはは。

しかししょっぱなから登山口を見失い、引き返すのも面倒だったので道なき急坂を直登すべく小一時間ほど取り付く。くそっ、これが強者たちの挑戦を何度も跳ね返した長沢の壁かっ!なんてボルダリングごっこしながらやっとルート復帰したころにはもう15:00。

IMG_0296.JPG

とぼとぼと尾根を歩く。途中で麗しき女子がひとり降りてくるのにすれ違った。女子ソロは気高くかっこいいね。

IMG_0297.JPG

日が暮れるころに避難小屋を発見。中を覗いてみるとなんと薪ストーブが!これはなんて孔明の罠?なんてうろたえながらも華麗にスルーして適当な場所でビバーク。今回の食料はカロリーメイトと水のみで火も炊かず。お酒とかコーヒーセットとか持ってくればよかったなとか悔やむ。

IMG_0298.JPG

とにかく装備が過剰だった。冬山用の装備がベースだったので、テントも小振りとはいえフロア付きドームだし、シュラフもヘビー級だし。タープ&キルトで過ごせたらもう少し自然を近くに感じられただろうなと悔やむ。なにかこう、自然から隔てられてしまって疎外感すら覚えつつ眠りにつく。シルタープかE-Wingか買わないとね。

翌朝、朝寝坊しつつも食事を済まして出発し、かの長沢背稜に足を入れる。大ブームで人がごったがえしてないかと不安だったが、人っ子一人いない。あのブログの影響力も知れたもんだなと腐してみつつゆるゆる進んでみる。

IMG_0299.JPG

七跳山?とかに達したところで10:30。ここでエスケープすることに決定。酉谷山まで進んでもよかったと思うが、だってなんか場違いなんだもん。半袖になるくらい暖かいし、雪もわずかだし。やっぱり雲取を目指しておけばよかった?いや、そもそも天気予報に振り回されて奥多摩に流されてきた自分が悪い、なんて呪いつつ下山の道を辿る。

IMG_0300.JPG

林道に出たところで渋いハンターのおじさまに拾われて車で駅まで直行。趣味で猟とかする人っているんだなーと感心。鹿を撃つとその場で解体して30kgの肉とか背負って山を降りてくるらしいがこの日は成果なしとか。わしってば魚すら捌けないですし基本的にグロいのダメっす、とか思いつつも、そういえば村上某の「愛と幻想のファシズム」の主人公は猟師だったっけか?獲物を撃ち殺す瞬間ってば射精してしまうくらい気持ちいいとかなんとか言ってたっけ。西欧じゃ貴族の嗜みだしね。うーん、エクスタシー。

食堂でカツ丼を頬張りつつ、三河屋でお風呂に入りつつ、冬山に行けないフラストレーションはさらに悪化しつつ、平和で暖かな休日は終わり行くのでした。あぅぅ。

新兵器がひとつあったのですが、レビューする気にもなれないので次回以降。

せめて今シーズンにあと一回くらいは冬山へ行きたいなぁ。でも2月いっぱい納期のお仕事がいくつか控えてまして微妙な情勢。

広告
カテゴリー:hike, Outdoor
  1. 2009-02-18 23:44

    おおー。このユルさこそ低山の楽しみ方じゃないですか。
    装備が過剰だとか、最高のスパイスですよ。
    奥多摩を存分に満喫されたようで、何よりです。

    人が少ないのがあのへんの魅力の一つかなと
    私なんかは思ってるんですけどね。
    服装とか装備とかいちいち白い目で見られたり、
    見られているような気になるのも煩わしいですから。

    しかし、
    こんなとこでルートロストなんてプゲラッチョ
    っていう人でごった返しますよ今週末あたり。

  2. wander-z
    2009-02-19 01:13

    > toriさま
    ムキー悔しいっ!次こそは奥多摩ユルトレッキングを我が足下にひれ伏さしてくれよう!
    買って以来一度も使ってないヘクサライトとか持っていって、Platypusのワインリザーバとかで極上赤ワインも、そうだBlackDiamondのApolloも欲しいな(Orbitなんて邪道だ!)
    春に向けて、オレさま低山スタイルを早急に構築しなければ。。。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。