ホーム > Bicycle, camp, Outdoor > 櫛形山ぬるクライム&ほこら参戦!

櫛形山ぬるクライム&ほこら参戦!


奥多摩ぬるランから帰宅し、すぐに下着を洗濯乾燥、iPhoneとGRを充電し、マットをヘクサライトに詰め替え、自転車をかついでそのまま出発。中央本線に乗っていざ甲府へ。

連日の走りで足がパンパンなのでホテルで休ませたかったがこの日は山梨県全域で空室なし。仕方なく深夜24時に釜無川沿いに到達してタープを張って寝る。シルタープのこの張り方が強烈に印象づけられていたのでマネしたんですけど、zzz_bearさんの張り方だった。

R0010132.JPG

横から。側面が高くてスペースが空いてる。もっと下げねば。

R0010130.JPG

kimatsu先生よりほこらキャンプのお誘いをいただいたものの、櫛形山の周辺地図を見回してみてどう考えても車でしかアプローチできない林道コース。都会のエコでLOHASなライフスタイルを送る我が身としては自動車という旧時代の遺物を乗り回して大量なCO2を排出して地球環境を破壊するという下等な習慣がなく、泣く泣く断念しようかと一時は考えたのですが。いえ、決して免許の更新を忘れて失効してしまったわけではありませんよ。LOHASです。サステナビリってるわけですよ。という話はおいといて、よくよく見ると林道の多くは舗装されてるというではありませんか。これはかねてより暖めていた自転車でのヒルクライムならぬ”ぬるクライム”デビューの場としてうってつけではなかろうかと思い至り急遽参戦を決意しましたよ。

JR竜王駅から総距離28km。林道入口が標高400mで、登山道入口が1460m。標高差は1000mちょっと。ちなみにほこら小屋はそこから340mハイクアップして標高1800m地点。果たして今の足の状態で到達できるのか甚だ疑問ではありました。しかし英語のできない人が自転車で櫛形山に向かったという情報が入り、俄然気合いが入ります。

200905061922.jpg

たっぷり寝て朝9:30起床。足はまだ戻っていないが、動かないというわけでもない。コンビニで朝食をとり、温泉に寄って、スーパーで御鳥様と日本酒&つまみを調達。11:00過ぎ頃にいざ櫛形山林道へ。

R0010133.JPG

すぐに車線がなくなり林道っぽくなります。でもちゃんと舗装されてる。すばらしい!

R0010135.JPG

標高650m地点で一度休憩。けっこうきついけどまだ行けるかな?わりと順調

850m地点で二度目の休憩。うむむ、足だいじょうぶだろうか・・・。

その後は100m標高あげる度に休憩を入れる。足は着実に摩耗していく。

気持ち良さそうな直線に見えるが、傾斜あります(泣

R0010136.JPG

荷物はこんな感じで積みます。

R0010137.JPG

リクセンカウルのフレームだけを抜き出してネットを装着するとRPMにぴったり。立てて積めるので天蓋から物を出し入れできます。ハイドレーションもホースいっぱい伸ばせば届きます。

南アルプスの山々や、甲府市街を見下ろしたりなど、けっこう景色が良かったんですが、止まって写真をとる余裕はありません。

ようやく1330mの見晴し台へ到達。このときすでに15:30過ぎ。

R0010138.JPG

ぶったおれてしばらく動かず。もはや平地を走行するのにも難儀する足の状態に。もう乳酸以外になにもありませんってば!ていうか自転車で登るとけっこう腰にも来ますね。意識朦朧、前後不覚、その後1460mの登山道地点にどうやって辿り着いたのか記憶もなく、kimatsu先生が車で迎えにきてくれる幻覚を二度ほど見ましたよ。

ここから340mのハイクアップ。普段なら雑作もないことだが、今の状態ではいささか苦しい。

R0010139.JPG

今度は70m標高あげるたびにばったりと倒れ込む。もう引き返そうか。でも御鳥様が食べたいっ。いや街に戻って焼き鳥でもつまめばいいじゃないか。でも英語のできない人が登ったのだとすると引き返すわけにはいくまいっ!いや黙ってれば分かんないって。ていうかもう宴会は終わってみんな撤収してんじゃないの?などという思考ループに陥りつつ、歯を食いしばって登ります。

そうこうしている間にようやく1800mに達し、しばらく歩くと色とりどりのテントの勇姿が!急に参戦したにもかかわらず暖かく迎えてくれた皆様ありがとうございます。

R0010140.JPG

手前が我がシルタープ。今度は低く張れました。でも入り口が狭いね。

後方に見えるのは英語のできない人のシルタープ。常識にとらわれない自由な発想とはなにかについてこれほど雄弁に物語ってくれるものはないのではと衝撃をうける。テンションかかってないように見えるけどあのストックはどうやって自立してるんだろう??あぁフリーダム!

右端がkimatsu先生のTarptent Contrail。もう目が釘付けです。うーんかっちょいい。ポチるべきか、ポチらぬべきか。

いのうえ総帥さま

御鳥様美味しゅうございました。コーヒー、ネギ焼き、マカロニパスタ、美味しゅうございました。

kimatsu先生さま

お米美味しゅうございました。私はわりと固めが好みでございます。

茶柱先生さま

バーボン美味しゅうございました。パンとチーズ、ソーセージ焼き、美味しゅうございました。

いまるぷさま、ちゃいさま、らんどさま、工場長さま、皆々様、

暖かくお迎え頂き有難うございました。

Wander-Zはもうすっかり人の食料を食べまくって歩けません、、、

なにとぞお許し下さい。

衝撃的な御鳥様。皮はぱりぱり、中身はジューシー。山でこれほどのものが食べれるとは!!ちょっとクッカー類をまた弄びたくなってきましたよ。総帥からいろいろとコツを伝授いただく。

R0010141.JPG

NULキャンだというのになにを勘違いしたのかUL気取りのスタイルで現れた英語のできない人は、自転車で向かったというのに途中で車にピックアップしてもらったとか。スパイラルを見せびらかしたり荷物は5kg以下だとかなんだとか騒いでいましたよ。

翌日は山を一気に下る。なかなかに気持ちいい。食べまくって寝まくったので足はかなり復活しました。まほらの湯が休日だったので、やまなみの湯に立ち寄って帰りました。
R0010147.JPG

今後はNULキャンのギアも揃えねばならぬと決意を新たにしましたよ。まずは何から買いましょうかね。トランギア一式?ULハードアノタイズドですかね?

広告
  1. さんぽ
    2009-05-07 00:00

    クワハラで行かれたのですか!

    しかもトレラン後に・・いや、お疲れさまでした。
    アンプのフロントサスに釘づけです!またマニアックな物を(笑)

    しかし・・律儀に登られ・・いえ、それでこそヒルクライマー!

    最後は楽しまれたようで良かったです。

    ホントお疲れさまでした。

  2. wander-z
    2009-05-07 00:07

    > さんぽさま
    うへへ、アンプリサーチに気づいていただけるとはお目が高い。クワハラ車にはやはりこいつじゃないとね。
    さんぽさんもいらっしゃるものだと思っていましたよ。次回はぜひフィールドでお会いしたいですね。

  3. 2009-05-07 02:53

    ああーそっちから登れば行けたんですかー。
    てっきり舗装路があるとは知らず。
    早く言っていただければよかったのに。

    それにしてもトレランやった後にヒルクライムとは!
    「変態」以外にふさわしい表現が見つかりませんよ。

  4. いまるぷ
    2009-05-07 09:00

    Wander-Zさま。こんにちは。
    ほこらではありがとうございました。

    が、魚肉系のバリエーションと味わいが不十分にて
    何の感動もお伝えすることができませんでした。
    深く反省し、次回またまみえることがあれば今度こそは、
    と工夫を凝らし続けます。
    またよろしくお願いいたします。

  5. 2009-05-07 09:58

    炊きたて米と同じくらいにContrailに食いついて頂いて嬉しゅう御座います。

    トレランにヒルクライムにハイクにNULキャン。あともう少しヘソへの興味をお深めになれば、roadmanismの正式継承者ですよ。

    ともあれ、ご参加くださいましてありがとうございました!

  6. 2009-05-07 16:43

    Wander-Zさま、お世話になりました。
    とても楽しかったですよ。
    シルタープ、普通は鳥さんみたいに張るのでしょうけどビックラでした。
    稜線馬鹿には思いつきませんね。(泣)

    ↑kimatsu部長に騙されてはいけません。あれは完全夏バージョンですから
    冬使えませんよ。寒いです。本人もが言ってましたから確かです。
    くさやもチャイさんにポチって来い、とかいったんですよ。

    また次回やる時もぜひご参加ください。
    あっ、部長規格だとまたNULですけどね。(笑)

  7. wander-z
    2009-05-07 17:49

    > toriさま
    いや、帰りは反対側から降りましたから、どちらからでも登れたんですけど。。。
    toriさまの情報が入らなければ途中であきらめてた可能性が高いです。ピックアップの経過も書いいただければよかったのに。。。

    > いまるぷ先生
    いやーこちらこそすっかりお世話になってしまってありがとうございました。
    最近山では補助食ばかり食べてた私にはもう充実の食生活でしたよ。
    NULキャン道を極めて次ぎこそは私も皆様に美食をふるまえるようになりたいです。

    > kimatsu先生
    今回はkimatsu先生のギアへの愛をひしひしと感じましたよ。しかし先生の巨体にはUberLiteは可哀想であります(笑
    いずえは越えねばならぬ大きな壁roadman、なんちゃって、骨折れても皇居15周するような人を継承できませぬ・・・

    > 茶柱先生
    いろいろとつまみ食いさせていただきましてありがとうございました。
    私の中ではあのツェルトが今回の幕営No.1ですね。いさぎよさ、男っぷり、かっこよすぎます!
    でもContrail、冬でもぜんぜんいける気がしてますよ・・・うーむむ・・

  8. 2009-05-07 20:45

    いやはや、あの道をチャリで登られたとは…感服いたします。
    御鶏様はお気に召していただけましたか。ヤパリ筋肉を使った後はタンパク質摂取が大事ですからね。
    トレキャングッズをてんこ盛り買って、またご一緒いたしまっしょい!

    で、何を買いましょうかね。
    ちなみに、手っ取り早くオススメなのはミニトランギアですw ウフフウフフ

  9. wander-z
    2009-05-07 23:46

    うは、総帥閣下!こんな下界にまで足を運んでいただいて恐縮であります。
    御鶏様は私のアウトドアライフをまた大きく変えてしまいかねない威力でありました。あぁ早くこの手で焼きたい。

    ミニトランギアでありますか、なるほど。でもそうするとあのチタンロッキーカップをくりぬいた例のブツを発注せざるをえなくなってしまい、悩ましいかぎりでありますよ。この際ロットで製作を・・・。

  10. らんど
    2009-05-09 22:30

    その節は、私のイヤガラセ食材まで口にして頂き、ありがとうございました!

    で、かっこいいチャリですね。
    後ろに私が乗れそうな・・・訓練にもなりますし、どうですか、また櫛形山まで?

  11. wander-z
    2009-05-11 16:44

    > らんどさま
    いやー、あれはあれで美味しくいただいてしまいました。
    私のは2ケツするにはいささか小振りな小径車ではありますので、英語のできない人のロードの後ろにお乗りになるのがよろしいかと。幸い、荷物も少ないらしいですし。

  12. 2010-04-14 10:04

    はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。

    RPMが入っている、リクセンカウルのリヤキャリアに
    目が釘付けで、幾度となくコノ記事読ませて頂いております。
    もしよろしければ、作成方法を教えて頂けませんでしょうか?

  13. 2010-05-10 22:11

    > GOT2YAさま
    お返事すっかり遅くなってしまいました…
    これですね、リクセンカウルの普通のリアバッグからフレームだけ抜き出して、100円ショップで買ってきたゴム網をかけただけなんですよ。
    27Lのバックパックがちょうどよくハマって立てられるので、とても使い良いです。

  14. 2010-05-13 09:45

    100円ショップのゴム網なんですかっ!ありがとうございます、参考にさせて頂きます!
    これで僕の自転車の旅も腰痛から解放されるかと・・・

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。