ホーム > gear, Outdoor > 冬山ハイク装備の軽量化

冬山ハイク装備の軽量化


豚だか鳥だか知りませんが風邪をひいてお外に出られず、あれやこれやの検証もできないの今日この頃。もう6月ですね。6月と言えばあれです、あと半年で冬山シーズンですよ!さぁいよいよですね〜。

冬山反省会ではあまり個人的に反省するところがなかったwのですが、前回2シーズン目のテーマは”装備の軽量化”、”暖かく眠る”、”身軽で快適安全な足回り”の三つでした。まぁそれなりにクリアできたかなというところ。ベースウェイトは最終的に7.2kgに抑え込みつつ、シュラフとマット、防寒具のスペック向上によりほかほか暖かく眠ることができるようになりました。まぁ初年度は厳冬期の2000mクラスでUber Liteで寝てたというのがアレなんですが。

●2008年度 冬山ハイク装備一覧 (水・食糧・燃料・身につけるものを除いたベースウェイト、※スノーシュー、ストック等は身につけるものとして除外)

200905301641.jpg

(あ、絶対に金額は計算しないでください!)

IMG_0321.JPG

来シーズンに向けての課題を何にするか、安全面とか行動面とかいろいろ考えとしてはあるんですがまだ決められず、とはいえ実はもうすこしでアンダー7.0kgなんです。いやー数字の魔力って恐ろしいですね。桁があると越えたくなるのは人類の性であります。やはり”さらなる軽量化”による装備の完成は目指さねばならぬところでありましょう。

1. JetBoilのリストラ

いまとなってはJetBoilの重さは正直堪えます!これを省くだけでアンダー7.0kgに突入できるわけですし、正直もう冬山で調理とかめんどくさくてやってられなくなってきてパンとかカロリーメイトしか食べなくなってきましたし、雪を溶かすためだけにこれだけの重さを担ぐのは厳しいところです。途中で水が得られれば一度も使うことなく降りてくることもしばしば。軽量級の鍋とストーブに切り替えればそれでokな気がしてます。さよならJetBoil!

FireLite SUL-900 Titanium Cookpot 79g (三鷹の店でおいてくれるといいんですけどね)
200905301614.jpg

PRIMUS P-113 ナノストーブ 51g (冬山でどこまで使えるのか、”検証”という名のもとにゲットしますか?)

200905301615.jpg

ハンギングキットと合わせて402gの軽量化!さらにはカトラリー(16g)ももういらないんでは・・・?あ、でも鍋つかみがいるか。

2. ピッケルの軽量化

当初はMIZOチタンスコップ+CAMP Corsaという編成だったんですけど、スコップはより軽量なSNOW CLAWに変えてしまったこともあり、ピッケルをCorsaにしておく意味もあまりなくなってきました。となるとやはりあれしかないでしょう。

ULA Helix Potty Trowel 55cm 142g

200905301626.jpg

ピッケルの用途としては、主には急斜面の登攀時に柄をつきさして這い上がるのと、滑落防止、滑って降りるときのブレーキとしてです。氷壁に刃を突き刺してガシガシよじ登ったり支点にしてロープで全体重かけてぶら下がったりとかそういうことはスキル的にもないわけで、それなりの耐久性で十分なわけです。

これで68gの軽量化!

3. サーモスの軽量化

やはりこれですか?チタンサーモス旧モデル(230g)をゲットせねばならぬのですか?ヤフオクで出物はありますかね?

200905301636.jpg

これで54gの軽量化!

これだけやれば合計500gは落とせて、ベースウェイト6.7kgに突入であります。でもまずは投資対効果の高いJetBoilのリストラが最優先ですね。

そういえば”UL”を名乗れるのは4.5kg以下でしたっけ?それって根本的にムリな気がしますが。うーん、あとは幕体とかシュラフとかの再考をせねばなりませんが、その予算は果たしてあるのでしょうか?というより自宅のギアの置き場所に困り果ててきたのでそこをまずは何とかせねば。

他の方々が冬山でどれくらいの重量を担いでいるのか、3シーズンと比べて情報があまりないのが辛いところ。いったいどこまで削ればいいのか、これぞスタンダード!みたいなのがあればいいんですけどね。

他に何か削れるものありますかね?

広告
  1. 2009-05-3020:06

    冬山を知らない私が言うのもなんですが、冬山にUL=4.5kg以下という定義があてはまらないのは当然でしょう。
    ピッケルやらアイゼンやら冬用シュラフ含んで7kgは充分冬山ULと呼べそうな気がします。
    これ以上削ることは考えない方がよいと思いますが。

  2. 2009-05-3022:53

    もうすぐ夏ですね。
    ざっくり計算してみましたが私のベースウェイトはいいとこ8kgでした。今年はアンダー7kg目指してみます。みちみにウォーターストレージは必要ですか?どうぜ氷になるので持っていかなかったです。それとも湯たんぽ代わり?あとダウンパンツは穿かない派ですか??思い切ってスカート付きのフロアレスにすればアンダー6kgも見えてきますよっ!
    JetBoilをリストラだなんて!!ひ、ひどい… 私は来シーズンも世話になろうと思います。あの感動は忘れられません。
    普通のガスストーブにしますと背の高い風防も必要になりますし…私はマットが重かったのでreflectixパクらせてもらいますよ〜〜
    チタンサーモスは手が出ません。水筒に15000円は一生超えることのできない壁だと思います。

    長々とすみません。思わず興奮してしまいました!
    もうすぐ夏ですね。夏山楽しみだな〜

  3. wander-z
    2009-05-3103:33

    > kimatsu先生
    やはり7kgがラインですか。いろいろと担ぐ冬山だからこそ軽量化が必要で、3シーズはそんなにやっきになって軽量化せずとももっと遊びを入れるべき、とネオエアーRを買ったことを正当化したくて必死ですw

    > mt_hanterさま
    なんとアンダー6kg!夢の重量ですな。しかしフロアレスかぁ、試してみるかなぁー、設営とかめんどくさそうだなぁ・・・。
    ウォーターストレージは確かに二つは必要ないですね。でも初日のクライムアップにはサーモスだけでは足りないので、カンティーン一つは持つかな。
    ダウンパンツは実は持ってないんですよ。行動中からSkins+ブレスサーモタイツ+R1パンツ+バックカントリーガイドパンツという4重の下半身構成で、テント張ったらすぐにシュラフに潜り込むので・・・。でもSHMWのダウンパンツが欲しかったりします。
    やはり普通のガスストーブはいろいろと面倒ですかねー。それにしてもJetBoilは、、、重すぎる、、、
    ネオエアーが単体で冬でも使えるのか、試さざるをえないところです。でもパンクしたら死活問題?

    夏?そういえばそんなものもありましたね。暑いですよー、人いっぱいいますよー

  4. とど吉
    2009-06-0704:31

    いつもたのしく拝見させて頂いています。チタンサーモス旧モデルを大阪の「IBS石井スポーツ 大阪」で見つけましたよ。
    残り3~4本でした。(14000円?)勿論新品です。
    がんばってください。

  5. wander-z
    2009-06-0714:46

    > とど吉さま
    おぉ、タレコミありがとうございます!というか、お恨み申し上げます!
    あぁこの変態サーモスを買わねばならない日が来るとは。。。
    冬山ハイカーにとっては投資価値があるのだと、自分に言い聞かせ、言い聞かせ、、、

  6. wander-z
    2009-06-0718:14

    > とど吉さま
    お店に問合せ確認をしてみましたら、すでにないとのこと。売れてしまったのでは?と言ってました。
    ほっとなで下ろしました(笑) やれやれ

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。