ホーム > DIY, Outdoor > “フロアレス・ビビィ”という着想

“フロアレス・ビビィ”という着想


シェルターもフロアレスだったり、スリーピングバッグも背面を省いてキルトにしたりするんだったら、ビビィもフロアレスにしてもいいんじゃないの?いや、作りませんけどね。

200906081724.jpg

このシステムで、タープも省いて、雨風を凌ぐ。こういうのないですかね?背面にゴムひもくらいは通してもいい。もちろんフットプリントなし。

キューベン・ファイバー製で50gくらいに。あぁそうです、軽ければなんでもいいんですよっ!

・・・ではなくて、せっかくキルトで手足が自由になったのに、ビビィとかシュラフカバーを使うとやっぱり拘束されてしまうのが辛いんですよね。重いし。

ようするにキルトカバー的なものでいいんだけど。また切り刻みますか、E-Bivyあたりを・・・

あ、ポンチョにも変形できたらいいねぇ。いや、むしろ防水キルトを作る方が早いとか噂も・・・

風邪、ようやく完治!

広告
カテゴリー:DIY, Outdoor
  1. 2009-06-08 22:27

    雨が降ってたりしたら地面に直に着替えやらザックをおけないでしょうから、結局グランドシートが必要になってしまうのではないでしょうか。ならば包まれていた方が安心と思ってしまうのは私が閉所を好む傾向があることと関係がありますでしょうか。

    とりあえず”ネオエアーで散財させてすみません、チュンチュン、ではお詫びの印に!”と切り刻んでくださる方が出てくることを期待してみましょうか。

    ワンダーマットの方も、これからのプロジェクトXばりの展開への期待を、このブログの読者の皆様を代表して表明させて頂きたいです。

  2. wander-z
    2009-06-08 23:03

    > 先生
    さすがにグランドシートくらいはあってもいいです、、、ね。
    ビビィは出入りが大変という問題もあります。熊が猛然と襲いかかってきたり、雪崩が怒濤のように迫ってきたときに、さっと身をかわせるようにしておかないといけません。その点、シュラフやビビィは危険極まりないのですよ!

    マットなんですが、一応完成のつもりといいますか、まだこれから展開せよと?
    https://wanderz.wordpress.com/2009/06/07/%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b40g%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e8%bb%bd%e9%87%8f%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%8cu-l-%e3%83%95%e3%82%a3/
    もう開発要件はクリアしてしまったので、あとはテスターのみなさまにお願いしたいのですが。

  3. 2009-06-09 01:01

    びんぼっちゃまくんを思い起こしたのは私だけでしょうか。
    いやいや、モチベーションを挫くコメント申し訳ありません。
    e-bivyはすでに形状ができていますから、
    シルタープを自由に裁断したほうが都合良さそうですよ。

    というか、なんかもう全身すっぽり覆えるバックパックとか開発したらどうですか。
    マットとビヴィが省略できたらかなりの軽量化です。

  4. wander-z
    2009-06-09 02:13

    > toriさま
    なんと!e-bivyだけでなくシルタープまでも供出していただけるなんて。
    いやそれはさすがに悪いですよ。でも、え?そうですか?そこまで言うんでしたら・・・
    ではついでにシルポンチョもお願いしますよ。フードのところを使いたいんでね。早めにポチっておいてください。

    Vapor Trailあたりはビビィ化しそうな気がしてきました。。。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。