ホーム > Outdoor > 夏山の雨

夏山の雨


長野県のHPに”平成20年山岳遭難統計“というPDFがあって興味深い。

様態別発生状況というのを見る。
200908100108.jpg

遭難件数は182件199人、うち44人が死亡。転落・滑落・転倒が圧倒的の112件で61.7%。道迷いは意外に少なく15件、8.2%しかない。道迷い後に転倒したりして遭難するのは前者に含まれるからというのと、長野県ではやはり森林限界を越える山域が多いから見通しもよく逆に高所の岩場が多いので道迷いよりも滑落・転倒のほうが多くなる傾向があるということか。これが奥多摩や秩父だったりすると数字も違ってくるんだろうなぁとか。

で、例のトムラウシの件で一躍注目を浴びた”低体温症”による遭難事例はどうかというと、たぶん”疲労・凍死傷”の項目だろうと思うけど、発生件数は11件で全体の6%、そのうち死者・負傷者ともにゼロでみんな無事救出されている。

で、この資料の面白いところは、個別事例も一覧表にしてくれているところ。ためしに”疲労・凍死傷”の項目をピックアップしてみる。

1) 1月1日、お正月登山か、ラッセル中に疲労で行動不能になった70才男性単独。

200908100118.jpg

200908100118.jpg

2) 4月20日、3名パーティで山スキーでルートを誤って行動不能の56歳男性

200908100120.jpg

3) 5月3日、白馬を山スキー単独行で道迷いののち行動不能の47歳男性

200908100121.jpg

4) 7月30日、晴れ、常念岳で4名パーティー中の67歳女性が疲労により行動不能

200908100123.jpg

5) 8月9日、晴れ、白馬岳で疲労で行動不能の60歳女性、32名パーティだからツアー登山か?

200908100125.jpg

6) 8月14日、雨、槍ヶ岳に向けて登山中に4名パーティのうち1名25歳男性が疲労でビバーク、翌日自力で下山。って遭難してないじゃん。でも一応8人が出動してヘリも出てる。

200908100126.jpg

7) 8月16日、雷雨、御嶽山で5名パーティのうち3名、親子連れか?装備不十分のうえズブ濡れで低体温症になり行動不能。これはケースとして似ているなぁ。でも全員無事救出。

200908100129.jpg

8) 9月22日、雨、仙丈ヶ岳、単独行の73歳男性が下山中に疲労で足の痛みとなり行動不能。低体温症というわけではなさそう。

200908100132.jpg

9) 中央アルプス、暴風雨、女性2名パーティで低体温症から疲労により行動不能。これはドンピシャなケースか。でも無事救出。

200908100133.jpg

10) 10月12日、晴れ、3名パーティーのうち78歳男性が疲労により行動不能。

200908100135.jpg

11) 10月13日、晴れ、18名パーティのうち69歳男性が疲労による体調不良で行動不能。これもツアー登山かなぁ?でも無事救助。

200908100138.jpg

以上

こうしてみると、意外と冬山での低体温症というのはケースが少ない、というか単なる疲労をのぞくとゼロだ。まぁ山行者自体が少ないからというせいもあるとは思うが。

トムラウシのような無雪期に暴風雨にさらされての疲労から低体温症に至り行動不能になるケースとしては、11件中2件程度だろうか。少ない、少ないよ。こうなるとどれだけの人がこのケースで死者が出るほどのリスクを想定できただろうか、と疑問にも思う。山小屋もエスケープルートも整っているアルプスで山行歴を積んで装備やスキルを最適化してしまったら、それは他の山域では通用しないしある意味危ういということか。

件のケースでは、装備の不備だとか中高年の体力不足なんかが指摘されたりもしてるけど、体力的に有利なはずの30代のガイドも、ゴアのアウターを着ていた60代ガイドも行動不能になってるし、美瑛岳で死亡した男性はゴア上下を着ていたともいうし、夏山の暴風雨はハードシェルですら不足なのだとするともはやお手上げじゃね?

で、どうする?何持ってく?

・ダウンセーターはたぶんびしょ濡れになって使い物にならなくなるんだと思うと、やっぱ化繊の防寒具かな?プリマロフトなんかのベストとか。なんかいいやつないっすかね?

・ミズノのブレスサーモは見直されてもいいんじゃないかと。汗で濡れたら発熱するっていうのは、冬期用装備としてはむしろ行動中はもともと暖かいわけで、運動しないと発熱しないんじゃ意味ないじゃんとか思っていたけど、夏山の暴風雨対策としては実はいけてるのかもしれない。

・フラッドラッシュスキンメッシュは夏山の雨でズブ濡れが想定されるときは使えるかもしれない。ウェアが濡れても一定の飽和量を越えてなければ体表はサラサラに保てるか。

・寝具も化繊シュラフか、やっぱり。ちゃんとどんな環境でも疲労回復できるようにマットも寝心地がいいものを持っていったほうがいいね。で、稜線上でも雨風をよけられるビバーク装備は必須と。

・豪雨で溢れた川を渡渉するとなると、レインパンツを履いたとはいえやはり水が浸水してくるのは避けられないんだろうな。ずっこけでもしたらもう大変。うーん、これは対策の取りようがない。ネオプレンのアンダー上下、いやウェットスーツでも着込むか?着替えを持っていたとしても吹きさらしの暴風雨のなかで着替えられるだろうか?両足先から胸くらいまでをすっぽり覆える超軽量の渡渉ギアの登場が待たれる。あるいはゴアソックスとレインパンツとレインJKTを止水ジッパーで連結できるようにするとか・・・?

うーん・・・今のところすっぽり安全対策が抜けてるのは渡渉だな。ま、そんな川を目の前にしたら迷わず引き返しますけどね。

広告
カテゴリー:Outdoor タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。