アーカイブ

Archive for 2009年9月

雲を歩く(1)

最初山に行きたいと思ったのは、静かな場所で仕事のことやらを忘れてゆっくり独りになる時間が欲しかったからだ。

そういえば今無雪期シーズンはまだソロで歩いてない、そう思って今度のシルバーウィークはいろんな人からのお誘いを断り前回断念した雲の平へのソロ山行を企画したわけだが・・・

W「週末は雲行くっす」

T「おらも行く」

W「・・・き、奇遇すね、ぼくは今日のあずさ最終に乗りますよ」

T「おらも乗る、待ってて」

W「・・・」

・・・ということでtori_birdさんと行ってきました雲の平!

まずは装備から、今回はTNFシュライクにパッキング。

200909271647.jpg

photo by 常念山脈に遊ぶ

容量自体は16Lのコンパクトサイズですがかなり詰め込みました。サイドポケットやらもパンパン。Granite GearのArmored Pocketを外付けしてます。

シェルター(ポンチョ兼用): SixMoonDesigns / GatewoodCape + MSRニードルステイクx6 + 快速旅團 極薄タイベックシート

シュラフ・マット: GoLite Ultra 20°  + Montbell U.L.コンフォートシステムパッド90 + Montbell U.L.コンフォートシステムピロー

防寒・雨具:  TNF ライトヒートJKT + Montane LiteSpeedJKT + BPL メリノウールフーディ+ OR ニンバスソンブレロ + TNFグローブ + Rockyゴアソックス

着替え: GoLite Drimove Silk + Injinjiソックス + Exofficioブリーフ

クッカー: Esbitクックセットのカップ小 + Snowpeak極カップ + ロッキー用蓋 + ミニトランギアフライパン + ミニトランギア鍋つかみ

ストーブ: Aromax CF Stove + T’s チタン五徳 + 黒風防

カトラリー類: SULチタンスポーク + Leatherman SquirtP4

ウォーターストレージ: ILOHASボトル x 2 + Platypusハイドレーション

地図・コンパス: OPSACマップケース + SUUNTO コメット

ストック: ワンダースティック

デジタル類: iPhone 3GS + iPhone 3G(Willcom) + SANYO Eneloop mobilebooster + Filco PowerbankSlim + イヤホン + 各種ケーブル類

その他: ファーストエイド、洗面具、マフラータオル

食糧: タイ米500g、クスクス150g、粒状パスタ150g、タイカレー3種、ココナッツパウダー、クリームチーズ、パンチェッタ、レーズン

燃料: アルコール500ml

行動食: カロリーメイト x 2 + カーボショッツ x 5

うーん、持ちも持ったり。前回と比べてもかなり装備を増やしました。ピローとか、レインハットとか、フライパンとか、贅沢品多し。全然軽くないです…

マットは当初FBMにしようかと思っていたのですが、そこはさすがの北アルプス、toriさんとランブラーさんにたしなめられて断念。おかげで助かりました(笑)

1日目: 新穂高温泉 – わさび平 – 鏡平 – 弓折岳直下で幕営

早朝、松本駅でなんとわざわざ来ていただいたいまるぷ師匠に見送られタクシーで一路新穂高温泉へ。前回と同じルート。

無事にわさび平も通過。

IMG_0525.jpg

photo by tori_bird

鏡平へはこんなところを延々と登っていきます。 

IMG_0527.jpg

photo by tori_bird

けっこうバテました。5.10ガイドテニーは岩場の急登とかは得意なんですが、ソールが柔いのでじゃり道の延々とした登りは向いてないですね。

そうこうしているうちにtoriさんがワンダースティックを折る。ダクトテープで補修したところ、続けてボクも折る。変な力をかけたり蹴飛ばしたりするとポールのツナギ目のところから縦に割れ目が入りやすいみたいだ。ダメだ、これは帰ってから補強が必要だ。

IMG_0531.jpg

鏡平でグッタリお休み。槍がどうとかこうとかカンケーねぃんですよ。

IMG_0539.jpg

photo by tori_bird

同道の人に何度か声かけられたが、この荷物でソロ泊用のすべての道具・食糧が入ってる、と言うと驚かれる、というかまるで変態あつかい・・・

こっそり麺を食しているところをtoriさんに目撃される。シマッタww

IMG_0545.jpg

photo by tori_bird

鏡平はテン場がないので弓折のほうへ少し登った途中で幕営する(幕の写真なし)。樹林がなくて気持ちいいが風はかなり強くうるさいので耳栓をする。フロアレスのGatewoodCapeだがふっ飛ばされる気配はなかった。思ったより気温も低く2-3度くらい、Ultra20°ではちょい寒い。

IMG_0554.jpg

photo by tori_bird

幕に入ってばったり寝込んだが、途中で起きてカレーを作って食べて就寝。

2日目: 弓折 – 双六山荘 – まき道 – 三俣蓮華 – 黒部源流 – 雲の平

翌朝、双六へ向けて出発。快晴。いよいよ森林限界上の尾根歩きだ。足の疲れは多少残っている。

IMG_0557.jpg

photo by tori_bird

途中、美女2人組に声をかける。三俣まで行って折り返すらしい。残念! 

双六に到着。風が強い。ここでも美女に遭遇。透明感のあるイノセント系なオーラを発している!お声がけするヒマなく残念・・・

IMG_0564.jpg

photo by tori_bird

T「北アのレベル高ぇ!奥多摩にはあんなのぜったいいないす」

W 「そうね・・・(いや見てないで声かけようよ・・・)」

ここから先の三俣蓮華への道は、双六岳を登るか巻き道を通るかでルートが別れる。

W「どうする?」

T「当然まき道っしょ。ピークとか目指しちゃう人ってなんなの?頭おかしいの?」

W「まぁ気持ちはわからなくもないが」

T「日本百巻き道を通ってピークスルーハイクだす!」

W「そうやって結婚もスルーしていくんだな、おれらの人生・・・」

しかし三俣への巻き道は予想に反して素晴らしいルートだった。

IMG_0571.jpg

IMG_0580.jpg

photo by tori_bird

人も少ないし景観も素晴らしい。途中でゴロゴロしてまったり。あぁこれがガールと二人だったらなぁ、なんでtoriさんと・・・

三俣小屋でケーキセットうまし。小屋のおねいさんもかわええということで完全合意。

IMG_0589.jpg

photo by tori_bird

おねいさん「お飲物はなににしますか?」

W「コーヒーで」

T「・・・コ・コーヒー、ブラックで」

W「え?toriさんコーヒー飲めないんじゃ?」

T「バラすなよ(キッ!)・・・じゃ、じゃあ紅茶で・・・」

おねいさん「かしこまりました(プッ) あ、すいません紅茶切らしてました。コーヒーしかありません・・・」

T「・・・」

ここから雲の平へは鷲羽山を直登していくルートと、黒部源流から巻いて行くルートがあるが、どちらのルートを選んだかというと当然・・・

IMG_0597.jpg

IMG_0601.jpg

鳥の足 photo by tori_bird

水場でパチャパチャしてマッタリ。くはー、サイコーやね。

このあとの急登をなんとか登りきって三俣小屋を振り返る。

IMG_0602.jpg

photo by tori_bird

なんとか庭園を歩いていくとそこは雲だった!

IMG_0611.jpg

photo by tori_bird

ここが日本最後の秘境と恐れられる場所かー、けっこうテン場は混んでます。

テン場をうろうろしてると折立方面から入ったmt_hanterさんとユタカさん、やな先輩と合流。夜はまったり宴会。

翌朝、凛々しい幕の勇姿。前がおいらのGatewoodCape、うしろはtoriさんのハバHP。ふたりとも爆睡中です。

31807656-1c827e26a7194b0548bd93102117559a.4abb763c-full.jpg

photo by やな先輩

疲れたので続きは後日・・・

(みなさん写真使わせていただきます!)

広告
カテゴリー:hike, Outdoor タグ: , ,

ワンダースティック Roadmanモデル

ワンダースティックを増産しました。

左が「tori-birdハセツネ参戦記念モデル」、右が「Roadmanモデル」。

P9151510.JPG

toriモデルは前作のグリップをコルクからEVAに変えただけ。toriさんには利尻トレイルで前作をがっつり試用してもらったんだけれども、あそこをこう改良しろとか、ここをこう変えろとか、そういうフィードバックがまったくないのはテスターとしていかがなものかw。なのでほとんどスペック上の変更はなし。

Roadmanモデルは全長を10cm伸ばした120cmに25cmのロンググリップを備えることによって持ち手の高さを自由に変えられるようにした。ツインシスターズを張るためにこの長さが必要だったという苦肉の策が、逆に使い勝手はかなりよい。ガイラインは畜光ロープを使ったので夜間でも目立ったりするのだろうか…?

以下、スペック。

「tori-birdハセツネ参戦記念モデル」

素材: カーボン、グリップはEVA

重量: 60g/本

長さ: 110cm

「Roadmanモデル」

素材: カーボン、グリップはEVA

重量: 86g/本

長さ: 120cm (ロンググリップ25cm)

毎度おなじみの調節機構。ガイラインを引っ張れば固定できます。

P9151514.JPG

ファン垂涎必死、あの憧れのROADMANの刻印が! “PRADA”みたいでカコイイ。

P9151522.JPG

上から透明テープを巻き付けて剥がれ対策しようかとおもいましたけど、美しさを損なうのでこのままにしました。たぶんお山で剥がれてくるかと思いますがそういうものということで…

あぁ、心配しないでください、toriモデルにも刻印しときましたよ。

P9151526.JPG

でもなんか、あまりカコヨクない…?

本家のランブラーさんのRunning-StickがBE-PALで紹介されてましたね!

TNFシュライクで眠る(ための装備)

冬が明けてからぼちぼち構想してギアを少しずつ買い足したり作ったりしていたプラン。今週こそ実行に移そうと準備を進めていたのだけれどどうやら雨らしいので断念しそう。

TNFのシュライク(16L)を背負って走りつつ眠りたい、日本人なら軽いだけじゃなくてやはりコンパクトさも追求したい、そんな”世界最小最軽量”な計画。

P9101496.JPG

計量してみたところベースウェイトで2.9kgほど。まぁそんなものか。シュライク自体が容量比でそんな軽いわけじゃないからね。

以下、内蔵。

P9101497.JPG

左上から

・快速旅団極薄タイベックシート

SixMoonDesign / GatewoodCape (ポンチョ兼用シェルター)

U.L.フィッシュボーンマットII SP (自作折りたたみマット46g)

BPLメリノウールフーディ (保温着)

・着替え (アンダー上下、靴下、パックタオル)

真ん中

Montane / LiteSpeedJKT (ソフトシェル)

GoLite / Ultra20° (ダウンキルト)

・ファーストエイド & リペアキット & エスビット & 歯ブラシ & ウェットティッシュ等

・シェラカップ & T’sStoveチタン五徳

左下から

・ILOHASボトルx2 & Platypusハイドレーションホース

SealLine WaterBottlePocket

両サイドのポケットはまだ空なのでここに食糧を入れる。メインストレージにもまだ少し入りそう。

コンパクト化にはやはり自作マットの効果が大きい。実はこの計画のために作ったんですよ。

シュラフはSHDQ160にすればもう少しコンパクトになるかな。

ILOHASボトルのハイドレーションはなかなか気に入ってる。このボトル自体は12gで、空の状態で絞るとぺこぺこになって嵩張らない。Platypusのチューブがそのままつけられ、ボトルが伸縮するので吸い上げることができる。Platypusと違って片手で持っても自立するのもよい。

P9101498.JPG

水を入れるとこんな感じ。事前に息を吹き込んで膨らませておくのがコツか。でもやっぱり少しへこんでるので500mlは入らない。

P9101501.JPG

幕はSixMoonDesignのGatewoodCape。レビューはいずれ。

今回幕を購入するのに、ヒルバーグか、MSRか、これかで悩んで結局これにしました(ってそんな選択ありかよ、とか怒られそうですが)。えぇこれがオイラの生き様よ!

ポンチョ兼用なので豪雨のときはこれを被る。軽い雨ならソフトシェルで凌ぐ。

P9101504.JPG

カタログスペックでは312gだったんだけど、計量してみるとこの通り。やっぱ洋物は1oz.前後のサバを読む傾向があるのか。

でも今週末は雨。せっかく準備ができたのになぁ。気温が下がるとフィッシュボーンマットでは辛くなる。。。

カテゴリー:gear, Outdoor, run タグ:

沼尻元湯&シルキャン

先週末、たまにはソロででかけようかな、でも一人で人ごみの夏山行ってもなんだしな、と悩んだあげくどこか温泉キャンプにでも行こうかと考えていたんですけどね。

M「来週どこ行くんすかどこ行くんすか?ねぇってば」

W「え、一人で温泉キャンプにでも行こうかなと」

M「連れてってくださいよーねぇねぇねぇってば!」

T「ぼくも行こっかな」

W「・・・」

ということで、3人で温泉キャンプ行ってきました。場所は福島県の沼尻元湯。

朝、mt_hanterさんの電話でたたき起こされて出発。目指すは福島県。車で4時間ちょっと。

山道への入り口にある駐車場にて準備。toriさんはExos、mt_hanterさんはVirga、ボクのRPMという編成。

P9051417.JPG

歩いてすぐに滝があります。

P9051418.JPG

パイプ管の横をひたひた歩いていきます。

P9051427.JPG

だくだくと流れる温泉。硫黄臭がきつい。

P9051430.JPG

すすきの穂の揺れる向うに湯の川が!徒歩20分で到着。

P9051431.JPG

適地を見つけてさっそく入ります。

P9051444.JPG

サービスカット

P9051453.JPG

岩もどこかしら黄みを帯びているのは硫黄のせいかしら?

P9051464.JPG

心行くまで湯につかってからあたりを散策。遠くに見えるのは安達太良山?いい天気です。裸で焚火たいてバーベキューしてる地元の酔っぱらいグループもいました。

P9051466.JPG

ちなみにこの辺りはボルダーもけっこうあるらしいです。マット拡げて岩にとりついてる若者もちらほらいましたよ。温泉&ボルダーでも楽しめます。

ガス地帯を避け、高台にあがってステルスキャンプ設営。奇しくも3幕とも同系色のシルテント。

P9051469.JPG

しかしここは湯の川。湿気が多いのか幕張ってしばらくしないうちにうっすらと結露が発生。

それぞれヌルヌルと食いはじめます。個食・個泊のキャンプはやっぱりいいね。みんなで楽しく、でも自分のペースで。

P9051472.JPG

日も暮れてきましたけど、まだまだじっくり焼き焼き。

P9051478.JPG

この日のMy晩ご飯

・ソーセージ焼き

・中華スープ

・うな丼

・パン+クリームチーズ

・コーン焼き

・御鳥様

・マンゴープリン

・お酒は白ワインで

ちなみにtoriさん持参のクッカー類は、デュラライトセット+ミニトランギアセット+メスティン+ケトル+カップ類が複数。ストーブはアルコールバーナー+WindPro+炭がなくて使わずじまいのネイチャーストーブ。一人分なのにそんなにギア持って来すぎでしょ!とつっこみいれましたけど意に介さず、さらにはデュラライトを撫でるように見つめまわしてウフフとうすら笑いを浮かべつつ「もいっこデュラ買おっかなー」とかつぶやいていたのを見て戦慄を覚えましたよ。ミーハーが過ぎると買い集めたすべてのギアを持ち歩きたくなるんですね恐ろしや・・・

翌朝、mt_hanterさんにたたき起こされまずはひとっ風呂。気持ちよすな天気でした。

P9061484.JPG

ごはんを食べ撤収。

P9061483.JPG

コーラでカンパイ!

P9061488.JPG

カテゴリー:camp, Outdoor タグ: