ホーム > DIY, Outdoor > ワンダースティック Roadmanモデル

ワンダースティック Roadmanモデル


ワンダースティックを増産しました。

左が「tori-birdハセツネ参戦記念モデル」、右が「Roadmanモデル」。

P9151510.JPG

toriモデルは前作のグリップをコルクからEVAに変えただけ。toriさんには利尻トレイルで前作をがっつり試用してもらったんだけれども、あそこをこう改良しろとか、ここをこう変えろとか、そういうフィードバックがまったくないのはテスターとしていかがなものかw。なのでほとんどスペック上の変更はなし。

Roadmanモデルは全長を10cm伸ばした120cmに25cmのロンググリップを備えることによって持ち手の高さを自由に変えられるようにした。ツインシスターズを張るためにこの長さが必要だったという苦肉の策が、逆に使い勝手はかなりよい。ガイラインは畜光ロープを使ったので夜間でも目立ったりするのだろうか…?

以下、スペック。

「tori-birdハセツネ参戦記念モデル」

素材: カーボン、グリップはEVA

重量: 60g/本

長さ: 110cm

「Roadmanモデル」

素材: カーボン、グリップはEVA

重量: 86g/本

長さ: 120cm (ロンググリップ25cm)

毎度おなじみの調節機構。ガイラインを引っ張れば固定できます。

P9151514.JPG

ファン垂涎必死、あの憧れのROADMANの刻印が! “PRADA”みたいでカコイイ。

P9151522.JPG

上から透明テープを巻き付けて剥がれ対策しようかとおもいましたけど、美しさを損なうのでこのままにしました。たぶんお山で剥がれてくるかと思いますがそういうものということで…

あぁ、心配しないでください、toriモデルにも刻印しときましたよ。

P9151526.JPG

でもなんか、あまりカコヨクない…?

本家のランブラーさんのRunning-StickがBE-PALで紹介されてましたね!

広告
  1. minimoa
    2009-09-15 23:47

    こんにちは。wander-z さんの記事に影響されて、私も見よう見真似で
    信越100km&ハセツネ対策にスティックを作り始めてしまいました。

    ガイラインの調節機構がシンプルでいいなーと思うのですが、
    ここだけはどんな部品を使えばちゃんと引っこ抜けずにロック
    できるのか想像がつきません。

    とりあえず今はコードロックでしのいでますが、
    よければ教えていただけませんでしょうか?m(_ _)m

  2. wander-z
    2009-09-16 00:39

    > minimoaさん
    こんにちわ。信越&ハセツネですかアワワわたしもいつか、えぇいつかですが…

    ガイラインを留めているのはこういうパーツです。

    東急ハンズ渋谷店のフロアB1Cで買いました。

    これをVictorinoxのリーマーでぶっさして真ん中に穴をあけて、
    太番手とじ針で2mmのガイラインを通してます。

    ゴムなのでグリップの上に手の平をのせられてイイですよ!

  3. minimoa
    2009-09-16 04:31

    なるほど、パイプのキャップでしたか!
    刻印の仕上げも美しくてステキですね。レタリング?
    いろいろと面白くて役に立つ記事ありがとうございます。
    私もULの神様を信じて精進いたします。
    さーて信越まであと少し、がんばって仕上げます!

  4. 2009-09-16 08:46

    >ゴムなのでグリップの上に手の平をのせられてイイ

    実績あるランブラースティックに対する唯一の利点ですね。

    それにしてもこうしてできあがってみると、欲しすです。
    第二ロットの時は注文させて頂きたいです。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。