ホーム > DIY, Outdoor > Aromax C.F. System Stove

Aromax C.F. System Stove


冬も終わりが近づき焦りつつも、天候思わしくないとの予報を受けてインドアで過ごす週末です。かねて懸案のアルコールストーブ周りの整備を行った。

最初に断っておくと、僕にとってのアルコールストーブは軽量ハイクのための道具ではなく、まったりキャンプ用の道具じゃないかと最近思うようになってきた。無雪期ハイクにはもはやストーブ、クッカー、燃料、風防、五徳その他もろもろの類を持ち歩く意味を僕は見失ってしまっている。水と固形食があれば何も問題ないしむしろ軽量化するくらいならそれ自体持たなきゃいいじゃない?と思うのだがどうだろう? というわけで自作ストーブを作るなら、まったりキャンプ用途である程度の料理を作れてそれなりのクッカーサイズに対応でき、それでいて軽く安定感があり手軽に扱えるもの、という狙いであれこれ試作しては炎上を繰り返しようやっとカタチになってきた。

いまや定番となったカーボンフェルトを使ったAromaxストーブ。それに対応した五徳風防を作ってみた。

P2272537-1

Aromax C.F. System Stove 45g

ストーブ本体は、Aromaxよりも若干経の太いASAHIスーパードライスリムボトルにAromaxの飲み口を接着した。五徳を装着した際に安定度を高める狙い。

P2272557-1

底面の熱対策のゴムパッキンに加えて、燃焼中でも手で持てるようシリコンチューブを一本巻きつけてある。

P2272558-1

五徳風防をねじ込んで装着。Aromaxの蓋のネジ部分を埋め込んでいるのでがっちりハマる。

P2272540-1

カーボンフェルトは一枚巻き。世の中には”ぐるぐるに巻き込む派“と”一枚派”があって熾烈な主導権争いを繰り広げているとか(笑)。ぐるぐる派は、万一ストーブが倒れても中身がこぼれないのがいいし、燃焼効率もいいっぽいという説で最近は主流みたいですが、わりと重くなるのがどうかなと思ったりして、お米を炊くときなんかアルコールの残量が確認できないと途中で消えてたりとか悲しいなと思うので僕は”一枚派”です。(あぁヤバイ、こんな発言したら消される…)

空気孔から点火可能。

P2272545-1

こんな感じ。排出口はV字カット型にして、クッカーを置いても程よく燃焼を維持できる程度に調整。素材は350mlのアルミ缶の内側にスチール缶を重ねているので強度的にも問題ない。

P2272548-1

安定感はとてもよろしい。ストーブ本体の経を太くしてゴムパッキンをつけて重心を下げたのと、五徳もねじ込み式で完全に固定したのが効いている。

P2272549-1

今まではT’s Stove五徳を使っていたけれども、少し大きめのクッカーで米を炊いたりしてるとずり落ちたりすることがあったので、安定感のある五徳が欲しかった。

ほら、五徳と風防を一体化させたうえで燃焼中にこうやって手で持って移動できる手軽さ。この機能が今回の開発要件。右手でクッカーを持って、左手でストーブを持てば、さっと移動できる。

P2272555-1

さて、弱火アダプタを装着します。

P2272550-1

これで米炊きもうまくできるかな…?

P2272551-1

消火するときは蓋をそのまま落とします。持ち手をつけたのでここに紐でもつけたらいいかもしれない。

P2272552-1

収納したところ。ぴったりハマリます。

P2272534-1

ストーブ本体に巻いたシリコンチューブの太さが350ml缶の五徳風防にちょうどハマるので、ちゃんとがっちり固定されている。

P2272536-1

[失敗余談]

最初は空気の流入量を操作して火力調節しようと思ったんだけど失敗でした。

P2272559-1

こういう感じに弁を上げ下げして調節できたらいいなと…

P2272560-1

でも空気流入口をふさぐと、五徳風防自体に不完全燃焼のガスが溜まってそれ自体ストーブ化して風防の上で燃え上がってました…うーんうまくいかんもんだなぁ。

広告
カテゴリー:DIY, Outdoor
  1. さんぽ
    2010-02-27 20:56

    good job!!

  2. 2010-03-01 09:35

    うん、これは素晴らしいです!早くください!

  3. 2010-03-04 11:01

    恐ろしく凝ったものを作ったんですね。
    手先の器用さと明晰な頭脳がないとここまでは作れませんよ。ヨイッショ!

    オイラの分も作ってください。

  4. RioLeichtsinn
    2010-03-08 06:13

    Perfect!

  5. 2010-03-09 15:56

    > さんぽさま
    いえいえ、さんぽさんみたいにきれいに仕上げるのはできそうもないので、見た目はみすぼらしく…

  6. 2010-03-09 15:58

    > kimatsu先生
    お褒めいただきどうもですm(_ _)m さんぽさんに完全版を作ってもらいますかw

  7. 2010-03-09 15:59

    > 茶柱先生
    おぉぉヨイショありがとうございますっ!w 茶柱先生の分はkimatsu先生が作られるようですよ?

  8. 2010-03-09 16:08

    > RioLeichtsinn
    Thanx! But it’s a little heavy… :-)

  9. JSB
    2010-04-01 01:45

    那須の方面からの新作によると

    蓋のほうに、CFをセットする! それって 凄いでしょ?

     2010年の流行に なるのかどうか?
    それはともかく、

    皆さんの豊かな発想力が集まって
    世界の最先端が 日々、誕生していることは紛れも無い事実です

    コレをヒントに、次のベクトルが伸びていくぅ

  10. 2010-04-05 22:02

    > JSBさま
    あの記事見ました。蓋のほうにねぇ。ムムム

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。