アーカイブ

Archive for 2010年6月

Hip Bag Hiking

笠取・飛竜では、ヒップバッグで幕営ハイクに行ってきました。

P5293318.jpg

DANA DESIGN Lone Trail 10L

そこそこ容量があり、ショビットにも荷物を挟んだり、外付けしたりできるので便利。DANA特有のウエストベルトで細かく調整できるので、がっつり積み込んでも腰にしっかり固定できる。これ自体は決して軽くはないけれど(未実測)、ヒップバッグで歩いて泊まるには今のところこれが最適だと思う。”走る”のがメインとなると腰がけっこう振られるかもしれないので、そこはまた別の工夫が必要かもしれない。

ヒップバッグで歩くメリットは、やはり軽さとコンパクトさが第一。重心が低く安定するから歩きやすい。肩や背中に荷重がかからないから上半身が一切の負荷をかけずに軽快に歩ける。そして暑くても背中がムレなくて快適。バックパックと比べるともはや別次元の快適さ。

中身は、

  • Bivi: MLD Soul Bivy Side Zip (240g)
  • Sleeping bag: GoLite Ultra 20°(550g)
  • Mat: 自作フィッシュボーンマット(46g)
  • Hardshell: OR Zealot Jacket (218g)
  • Wind-JKT: Montane LiteSpeed Jacket (159g)
  • Down-JKT: TNF LiteHeat Jacket (180g)
  • Foods: カロリーメイトx3箱、おにぎりx2、パンx2、トレイルミックス
  • Water: いろはすx2本、ポカリスエットx1本 (SealLine Water Bottle Holder)
  • Poles: 自作Wander-Stick(64g) x 2本
  • Other: コンパス SUUTO Commet(7g)、ヘッドライト Petzl e+Lite(29g)、ALOKSAKマップケース、FirstAid、下着着替え

こんなもん。まずは生存していけること、そして歩き続けられること。雨風を凌いで、体温を保って、カロリー補給ができることを最低限に目指した装備。

あ、これ以外にMAKA2をフロントバッグにして、カメラ類を入れてました。

テントやタープみたいな屋根は持たなかったけど、ビビィにくるまってれば雨風は凌げる。シュラフ、ダウン、ジャケット類は普段と同じ構成で不足ない。

今回特に省いたのはストーブ、クッカー、燃料の類。これらはたとえ宿泊山行だったとしても、自然のなかで生存するために、あるいは歩くために必ずしも不可欠な装備ではない。無雪期にこの重さは心の贅肉と割りきって切り捨ててしまってもよい部分かもしれない。「歩いて・食べて・快適に寝る」すべてのアクティビティの満足度を満たすのか、時には思い切って「快適に歩くこと」のみに集中するか、選択肢はいろいろ自由に選べるとよいと思う。

とはいえよく見てみるとまだまだ余分な贅肉がある。ストックは持たなくてもいいかもしれない。ハードシェルとウィンドジャケットもどちらか一つに統合してもいいな。

カテゴリー:gear, hike, Outdoor

笠取飛竜ハイク 2010.5.29-30

秩父・奥多摩の笠取〜飛竜へのハイクに行ってきました。

P5293314.jpg

メンバーは毎度のハンさんに加えて、今回は女子キャンプの某ガールをお招きして幕営ありのスルーハイクに行ってみようと、選んだのは笠取〜飛竜。共同装備は持たず個食個泊スタイルで出発。

JR塩山駅から西沢渓谷方面のバスに乗車。新地平のバス停からちょっと長めの林道を歩いて秩父奥多摩の主脈を目指します。

201006090049.jpg

新地平からの林道は沢沿いに緩やかに伸びていて、人もなく天気もよく気持ちよく歩けてGood。

P5293330.jpg

P5293334.jpg

歩いてほどなくすると背中も蒸れ蒸れ。

P5293341.jpg

P5293351.jpg

3時間ほど歩くとちょっとした登りに到達。だんだん視界が開けてきて、いっぱいの笹原の中を歩く。

P5293355.jpg

尾根までもう少し!

P5293356.jpg

やっと登りつめると、遠く奥多摩方面まで見渡せる場所に到達。ここが雁峠? お天気はすこし下り坂に突入。

P5293363.jpg

ガスの中へ誘われて行くように笠取山へと向かう。

P5293365.jpg

P5293368.jpg

幻想的なトレイルを堪能。

P5293379.jpg

P5293391.jpg

降りしきる雨のなか将監小屋に到着。

幕を張ってから休憩場所で一息。わりと寒い。この夜の最低気温は零度前後まで下がった。

P5293393.jpg

翌朝、幕営の様子はこんな感じ。ハンさんのSilTarp2。

P5303394.jpg

再び、霧の中を飛竜山目指して歩く。

P5303401.jpg

P5303408.jpg

荒々しい倒木を横切り、原始の森に漂う。ここは腐海?

P5303415.jpg

お昼すぎに丹波に到着。バスに乗って奥多摩駅へと向かい、温泉に入って帰りましたとさ。

P5303422.jpg

左から、GoLite JAM2、僕のパッキングは真ん中のDANA DESIGN Lone Trail、右がハンさんのGoLite Day。

かねて宿願のヒップバッグでのお泊りハイクも試みることができた。というより女子が一番大きなザック背負ってるのはいかがなものかと… 個食個泊前提で軽量化していくとこうなるケースも出てくるので、意外な課題がでてきましたよ。

カテゴリー:hike, Outdoor

裏妙義デイハイク 2010.5.8

群馬県の西部に独特の奇峰を連ねる妙義山。そのルートはクライミングの要素が強くて、一般登山道としての難易度はあの西穂〜ジャンダルムさえもしのぐという噂を聞きつけてデイハイクに行ってきましたよ。ルートは裏と表があるらしいですけど、今回は易しめらしい裏妙義を歩きます。

P5083103.jpg

morikatuさんから譲ってもらったヒップバッグ、DANA DESIGNのLoneTrailに装備を詰め込む。フロントにはArc’teryxのMAKA2をカメラバッグに装着。腰回りのみのパッキング。

P5083104.jpg

■Packing

ウィンドジャケット: Montane LiteSpeed JKT

クッカー: GSI Halulite Ketalist

ストーブ: 自作アルコールバーナー Aromax C.F. System Stove

ロープ: finetrack フローティングロープ6.5mm x 25m

ギア: カラビナx2枚、スリングx2本、SMCエスケープエイトx1枚

水・食料・燃料

携帯電話・デジカメ・地図

こんなもんかな…。

尾根上に出るまでに道に迷ってよく分からない岩に取り付いたりあちこち歩きまわってタイムロス。

P5083106.jpg

P5083109.jpg

尾根の上から、表妙義のほうを眺めます。やっぱりあちらのほうが一段と厳しそう。

P5083134.jpg

ていうより、なんだこの岩はwww

P5083135.jpg

ガールがただ一人単独アタックをかけます。たくましい、というより、相当な好き者ですな…。僕は眺めてましたけど。

ここから先は裏妙義の尾根をつたって歩いていきます。

P5083136.jpg

唯一の核心部をクライムダウン。でも鎖があるので問題なし。裏妙義のルートはそれほどたいしたことはありませんでした。

P5083139.jpg

これは道なのか…?? 滑ったらまっさかさま。でも鎖があるので大丈夫かな。

P5083145.jpg

なかなかの重量感のある威容。岩の塊。

P5083150.jpg

ふたたび表妙義のほうを眺める。しばらくヘリがホバリングしていたので、やっぱり誰か救出してたのかな? 事故が多いらしいですよ。

P5083153.jpg

こっちは浅間山? の方角。

P5083155.jpg

P5083157.jpg

15:00頃に降りてきました。温泉入ってまったり。ジャンダルムより厳しいか?と言われるとそうでもなかったので、次は表妙義に行ってみたいと思いますよ。

P5083163.jpg

カテゴリー:hike, Outdoor