ホーム > camp, Outdoor > 真の沢キャンプ

真の沢キャンプ


だいぶ時間がたっちゃったけど、6月に行った真の沢。秩父の森の奥のほう。同行者はnariさんとhodapun。

P6193675.jpg

目的地の柳小屋のあたりまでが遠い。暑いなか歩き続けてすっかりバテる。

P6193683.jpg

小屋に着いたあたりで川辺の平地にタープを張って、

P6193694.jpg

焚き火をかこんで酒宴。雨あがりで枝が濡れていたけれども、エスビット投入して無事に着火。

P6193699.jpg

森林限界上のような絶景はないけれども、沢でのキャンプは山や木々のなかに深く包まれて眠る感じ。焚き火を一歩離れるとそこは精霊の住まう暗闇の世界? 酔っ払って撃沈。

ZZZ…

翌朝。ちらかし放題(汗。ビビはMLDのSoul Biby Side Zip

P6203709.jpg

今まで使ってたモ◯ベルの軽量シュラフカバーみたいにムレなくていいね。バグネットあり、頭部にちょっとしたフレームも入ってて使い勝手よし。

朝食とってから、すこし沢を遡行しつつ釣りにでかけます。

P6203715.jpg

2000円でゲットした3.6mのテンカラ竿。何度か枝にひっかけてフライを消失。そして一匹も釣れず…orz

P6203720.jpg

下半身はサワーシューズShortとネオプレンソックスにCW-Xの構成。

P6203718.jpg

hodapun、かっこつけてるけど坊主。

P6203729.jpg

W「魚くいたいね」

H「nariさん釣ってくれるっしょ」

W「他人まかせかよ…」

でもnariさんは3匹釣ったけど全部リリース。魚食べれず…orz

P6193688.jpg

フライロッドかっこいい。

そんな沢遊びでした。

以下おまけ。ソロ用スモールスタッキング。

P6203735.jpg

GSI Halulite Minimalistをメインに、Esbitのクッカー、GSIのInsulated Mug(Ketalistのおまけについてくる小さいやつ)がピッタリ嵌る。あとチタンプレート蓋。

広げるとこんな感じ。

P6203738.jpg

鍋つかみとパックタオル、自作の五徳一体型アルコールストーブ、折りたたみスポークまで収納可能。

米を焚きながらおかずを一品作って酒も飲める。ぜいたくや。

広告
カテゴリー:camp, Outdoor
  1. kimatsu
    2010-08-0322:43

    おお、素晴らしいですね。
    で、次の記事はいよいよ北岳ですね!

  2. takaokunita
    2010-10-1009:20

    いつも気にして閲覧してます、楽しそうですね、なかでも、笠取山と真の沢は20〜30代にはよく入りました、釣りをしながら真の沢の白泰沢をつめた想いでがよぎります、当時は奇麗な岩魚が三〜四匹は必ずものにできました、わらじがけでね。また新着を愉しみにしてます。今年の夏は暑くてどこにも行きませんでしたが、低山ハイクを楽しんでいる多摩在住の60代より

  3. 2010-11-1713:58

    > takaokunitaさま
    はじめまして! 今シーズンは結局釣れずじまいでした… 来シーズンこそは!

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。