ホーム > gear, Outdoor > Gill B300 ネオプレンオーバーシュー / Neoprene Overshoe

Gill B300 ネオプレンオーバーシュー / Neoprene Overshoe


冬ハイクの足回りに自転車用のネオプレン製シューズカバーを活用すると非常に暖かく、防水ランニングシューズと組み合わせることで軽快な足回りに仕上がる。ということでいくつものシューズカバーを取り寄せてああでもないこうでもないと試してみたのだけれども、昨シーズン末にようやく納得いく使い勝手のものに巡り会えた。

Gill B300 ネオプレンオーバーシュー

201011181529.jpg

今までの他のシューズカバーの欠点というか不満は、

1) ジッパーだと着脱が面倒。雪がつまる

2) つま先のホールドが中途半端だったりしてスッポ抜けたりする

3) つま先部分が擦り切れてほつれて摩耗する。ワンシーズン持たない

などといったもの。

このGill B300は、ベルクロでの簡単な脱着、つま先部の補強による耐久性、がっしりしたホールド感など、他のシューズカバーの欠点を完全にクリアしてる。3mmネオプレン生地なので保温性も問題なし、濡れにも強い。今まで探したなかでは冬ハイクに最適なシューズカバーだ。

P4302934.jpg

P4302935.jpg

つま先部はしっかりとした補強。岩にぶつけてもアイゼンの留め金やバンドで摺っても今のところ耐久性はまったく問題なし。

P4302936.jpg

足裏をベルクロで固定。柔軟にピッタリ決まるので、シューズとの間の雪の入り込みを防ぐことができる。

P4302942.jpg

かかと部の固定もベルクロで。適当に引っ張ってくっつけるだけ。着脱のわずらわしさがなく快適。

P4302939.jpg

シューズはMontrailのATPlus GTXを使用。ゴア製なので防水。ソールもやや固めで山道をまったり歩くにはもってこい。ローカットなので、テント泊時にもシュラフ内で抱えて眠ることができ凍結防止できるのがよい。なにより登山靴なんかより軽く歩きやすい。

P4302940.jpg

つま先部はこのように。アイゼンを装着してもずれたりすることはない。

シューズカバーは足首周りもピッタリ覆ってくれるので、雪の入り込みを防ぐゲイターとしても機能する。山行中に一度装着したらつけっぱなしで、かかと部のベルクロの着脱だけで靴も一緒に脱ぎ履きできるので、ゲイターを着脱するよりも楽だ。

P4302941.jpg

後ろ側にリフレクター。

購入するときはサイズ選びを慎重にしたほうがよいかも。

ちなみに今冬の足回り構成は以下の予定。

厳冬期over森林限界3000m級をターゲットとして十二分の保温性を確保しつつ、軽快な足回りに仕上がってきたかな。

広告
カテゴリー:gear, Outdoor
  1. JSB
    2010-11-2001:50

    マツキヨのホムセンに、ネオプレン製の靴下?が売っていた。短いほうは使ったが
    長いほうは持て余していた。
    コレ見て、底抜きして実験してみようと、改アクの虫がムラムラと湧いてきた
     せめてスパッツになれば成功?かも(笑)

    だが待てよ
    クリスマスにサンタがやってきて、プレゼントの入れ物が無いと不味いか(爆)

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。