アーカイブ

Posts Tagged ‘結露’

Black Diamond OneShot Tent / ブラックダイアモンド ワンショット

一人用自立式シングルウォールの我が愛機です。庇のラインが美しい。

Black Diamond OneShot

PA111634.JPG

重量はHiker’s Depotの実測で1090g。

ポールをFibraplexのカーボン製に交換してるので900g台になってます。

素材はEPICという撥水素材。完全な防水ではなく透湿性がありますが、やはり結露はします。今まで2回ほど結露しました。

特徴はやはりサイドに大きく開いた両面の窓。通気性がよく、短いポールで開いた庇が雨を防いでくれる。

特に冬では、体への風の直撃や雪の入り込みはサイドのドアをあげてバスタブ形状にすることで防いで、上側で大きく窓をあけて通気性を確保するという使い方がとても重宝します。

IMG_0206.JPG

冬でも寝るときは窓は全開です。

弱点は前室がないこと。一度JetBoilのハンギングキットで幕内で調理しましたが、案の定蒸れて結露しました・・・

IMG_0176.JPG

サイズ的には完全に一人用ですが、縦に長いので足下や枕元に荷物を置いてます。

北沢峠でキャンプしたときは、女子が二人入って寝てました。ぼくはタープに追い出されたんですけど・・・

IMG_0001.JPG

で、このワンショットなのですが、来期はカタログ落ちするらしいですよ。EPIC素材自体がなくなってしまうとか。

すでに入手困難な状態だそうで、見かけたら即ポチすることをオススメいたします!

カテゴリー:gear, Outdoor タグ: , , ,

3Mフィルターマスク

防臭・防塵機能のついたマスク。ハンズでうろうろしてたときに発見して買ってきましたよ。

200901292022.jpg

何を隠そうこの私、関東八州連合初代総長・・・ではなくてですね、えっと、テントの結露対策として呼気を吸湿してくれないかと企んでたりします。

まぁどこまで吸湿素材として機能するかは未知なところですが、それだけじゃなくて寒いとよくシュラフの中にもぐってしまって結露させてしまうので、ちゃんと口を出しとくためにもこれをつけてると寒くなくていいかなと。

立体形状なのでマスクと口の間に空間ができるのでそこに呼気が溜まって温かいんですよ。鼻周りに金属が入っているのがポイントで淵から空気がもれることもありません。息苦しさを感じることもないです。

あと、寝てる間に雪崩が起きてもエアポケットを確保できますよ。アバラングを口に加えたまま眠るのは難しいでしょうからねw。走馬灯くらいはちゃんと最後まで見終ってからあの世に行けるかもしれません。というかむしろ行動中もこれをつけてた方がいいんじゃないかと。よく雪崩に巻き込まれたら必死に泳げとか言いますけど、でも両手でエアポケットも確保しろとかも言いますしどっちやねん!とつっこみたくなりますからね。これつけてればあとは泳ぐ事に専念できますよ。いや、やっぱ雪で押しつぶされるかなぁ?

フィルター交換式の毒ガス用マスクみたいなのもありましたけどね、そいつに洗濯ホースをつなげてテントの外に呼気を排出しようかなとか妄想してみたり。。。

まぁ、まずは効果のほどを試してみますよ。マスク表面で結露して通気性なくなったりしないかなぁ。

カテゴリー:Outdoor タグ: , , , ,

吸湿シートをテントに張る

ハンズで見つけてきた吸湿シートをテントのちょうど頭上の位置に貼り付けて、パラパラと結露の雨が降ってくるのを防いでくれないかと期待してみる。本来は窓に張って使うものらしい。

この写真だとよくわからないが。

IMG_0245.JPG

こんな感じのもの。

IMG_0246.JPG

微妙に粘着性があってペトっと引っ付いてくれるし、簡単にはがせる。

さて、どれだけ期待できるのでしょうか???

カテゴリー:DIY, Outdoor タグ: , , , ,

結露対策のアイデア

この冬はどうも結露に悩まされている。昨シーズンは冬でも結露するのは3回に1回くらいのペースだったけど、今シーズンはほぼ100%結露している。まぁテントの壁が濡れるくらいはどうでもいいのだが、問題はようするにシュラフが濡れること。原因は二つ、テントの壁が結露して頭上から雨がぱらぱらと降ってきてシュラフが濡れるパターンと、そもそもシュラフの開口部やファスナー周りに湿気が結露して濡れてしまうというパターンと。

対策としてはシュラフカバーをつけるのが一般的みたいなのだけれど、でもそれってシュラフとカバーの間で結露が激しくなって逆効果という意見もある。朝起きてからシュラフを乾かそうにもすぐ行動したいわけで時間ないし日が昇るのは遅いししかもどうせ乾かしてる間に凍り付いてしまいそうだし。

というわけで前回のトレイルから帰ってからというもの、この結露問題をどうしたものかと考えあぐねていたのだけれど、ふと今シーズンの足周りのシステムがヒントになるんじゃないかと思いついたのでアイデアをメモしておく。

今回の足回りは、インナーソックスにInjinjiのクールマックス5本指ソックスをはいて吸湿層とし、その上に防水ゴアソックスを履いて、さらにその上からフリースソックスを履いた。シューズはVasqueのaetherTech SSという通気性のあるソフトシェルランニングシューズを履いて、それをネオプレンの防水性オーバーシューズで覆ったのだった。

ようするに、保温を司るフリースソックスと通気性のよいシューズを、二つの防水壁で覆って、内の蒸れからも外の濡れからも守るようにサンドイッチ状にしたということだ。そしてゴアソックスの内側の蒸れを緩和するために吸湿性のあるインナーソックスを履いて可能な限り保水してもらうと。

このシステムで保温性も防水性も完璧で、フリース層やシューズが濡れる気配はまったくなかったし、一番内側が蒸れ蒸れになるということもなかった。オーバーシューズの耐久性の問題はあったが、それについては後日。

で、これと同じ発想でシュラフの結露防止ができないだろうかと。

まずスリーピングシステムの一番内側にシルクのライナーを入れて吸湿保水層とする。さらにその上をVBライナーなんかで覆って防水層にし、身体から発する水分をダイレクトに外へ持ち出さないように閉じ込める。その上からダウンシュラフを被って、一番外側にシュラフカバーを装着する。そうすると、水気に弱いダウンシュラフを二枚の防水層で覆うことで内側の身体から発する不感蒸泄の水分からも外側のテント壁の結露の雨からも完全防護できるし、さらには一番内側の層が蒸れ蒸れにならないようにシルクライナーがある程度水分を吸収してくれると。

VBは似たような発想だと思うけれども、あちらはがんがん蒸らしてなんぼだし、保温性向上を目指したシステムなわけで目的も違いそうだ。こちらはとにかくシュラフを濡らしたくないだけなのだ。

こういうシステムを試みた人はいないのだろうか。やはり自分で人柱ですかね。。。しかも結構な装備追加になってしまうなぁ。