アーカイブ

Posts Tagged ‘JAM2’

レインウォーカー in 北アルプス

大雪山系で起きた事故のニュースを横目に見ながら大急ぎで荷物を詰めてバスターミナルへ向かいS嬢とO嬢の両名と合流。金曜の夜。

P7170802.JPG

荷物は最初の計量時点で14kg!なんせ食糧、水、燃料、酒で5kgはある。これをJAM2で担ぐのは苦行に近いと判断しExosを引っ張り出そうと思ったが、何を思い直したかいろいろと装備を減量しなんとか11kgに収める。これならJAM2でもなんとか担げないこともない。テントはワンショットからシルタープへと変更。雨天の予報も入っているがタープの限界を知るにはいい機会だと自分に言い聞かせる。

P7170803.JPG

夜行バスで向かうは北アルプス。早朝に着いた中の湯でタクシーに乗り換え新穂高温泉へ。しかし土砂降りの雨。

P7180806.JPG

とても歩く気がせず、日帰り温泉に立ち寄ってまったり昼前まで過ごす。少し雨も弱まってきたので予定より遅れてハイクスタート。目指すは雲の平。初日の幕営地点は双六岳の予定。

P7180813.JPG

これがうわさのザックカバー!?しかもスパッツ!レインウェアの下半身も着用ですかフムー。珍しいギアにしげしげと見入る。ていうか道行く人はみんな着用してる。持ってないのボクだけ。

P7180831.JPG

P7180833.JPG

P7180838.JPG

雨の中を黙々と歩く。すると小一時間ほどで・・・

P7180858.JPG

着きました雲の平!

いや違った。ここはわさび平だ。登りにさしかかる手前の山小屋。まったく標高も上げていない。しかし雨脚が強まる。

ここで相談。Wの士気はくじける。とても登りたくないと両女史に訴える。必死の願いが届いてわさび平での宿泊が決定。

P7180860.JPG

目指すべき双六・鏡平方面に向かって断念して降りてきた人によると、川が溢れて登りは大変なことになっているという。

そうこうしているうちに中高年30人ほどの団体客が小屋を通り過ぎていく。鏡平から笠が岳方面へ向かうらしい。なるほどこれがツアー登山か。

炭火で焼き肉パーティー。

P7180864.JPG

スノピのチタンのクッカーフライパンにチタンペグ五徳風防を立て、百円ショップの焼き網をのせた炭火ストーブ。今回の目玉兵器。

しかし底をフライパンにしたため空気の流れがよくないのか、湿度の問題なのか、炭の火勢はちょっとイマイチ。底は足のついた網なんかにしたほうがいいのかもしれない。もしくはnut’s先生にお願いして穴をあけてもらうか。

早めの食事も終わり、小屋泊組と別れて雨がシトシト降りしきるテン場にシルタープ1を張る。

P7180872.JPG

P7180877.JPG

P7180881.JPG

P7180883.JPG

いやいやどうして、なかなか快適じゃないですか。出入りはちょっと辛いけどいったん寝てしまえば雨でも問題ありません。完全に熟睡。

ダウンだとシュラフが湿気を帯びるとかなんとか、そういう事態になればうわさのトップキルト購入のチャンス!と秘かに狙っていたんですけど、何も問題なし。よかったような残念なような・・・。

翌日も雨。

P7190889.JPG

いざ双六越えに向かおうとする両女史に必死の訴え。行きたくないよぅ〜!

“このチキン野郎が、死ね!死んでしまえ!”とのありがたい御言葉をいただきつつも、渋々聞き入れていただいて昨日来た道を引き返すことに。

あぁさらば雲の平、来世にはもっと屈強な精神を備えた人に生まれ変わって必ず行くよ!

P7190902.JPG

とっとと先を行く二人。置いてかれるW。あぁーん、待ってよぅ。

P7190903.JPG

P7190917.JPG

自分撮り。

P7190927.JPG

P7190941.JPG

P7190943.JPG

P7190946.JPG

新穂高にもどって温泉でまったり。

P7190948.JPG

露天もありました。

P7190950.JPG

さてこれからどうするか。まだ休みの日程は十分ある。雨脚も弱まってきたような気もする。

“ボク、西穂高のロープウェー乗りたい!”と言ってみる。まるで子供だ。”じゃあ西穂山荘まで歩くわよ”と返される。しまった!

P7190952.JPG

ロープウェーを降り、雨がふたたび強まるなかぐしゃぐしゃになりながら西穂山荘へ向けて歩き出す。

P7190956.JPG

P7190968.JPG

P7190972.JPG

次第に豪雨になってくるが、1h30mほどでなんとか到着。

強風と雨に煽られびしょぬれになりながらタープを設営。ぎゅうぎゅう詰めのテン場。なかなかペグが決まらず難儀。奥に見えるのはBDハイライト&ベスティブールかしら?

P7190975.JPG

しかしタープもいったん立ててしまえばかなり耐風性があるようでなかなか倒れない。雨もそれなりによけられるし寝心地も悪くない。いいじゃないかタープ!

弱点は、出入りにかなりしゃがみこまないといけないこと、荷物を入れるスペースがないので外に出したままレインウェアをかけておくしかなかったこと、くらいか。まぁ大した問題ではない。もすこし大きめなほうがいいかもね。

小屋の食堂にて食事。雲の平で一人まったりゆるりと食べるはずだった食糧を開放、というか略奪される。うなぎ&生パスタ。

P7190977.JPG

P7190982.JPG

うなぎは日本酒を少し入れて蒸し焼き風にするとふっくら香り高く仕上げられる、とグーグル様が言っていたのでそのとおりにする。いいじゃないですかうなぎ!これは定番になりそうな予感。えぇ真似っこですが何か?

P7190978.JPG

生パスタは乾麺と違って湯で時間が相当短くて済む。これもなかなかGoodですな。

今回のテーマのひとつであったキャンプ用新メニュー開発はとりあえず成功、ということにしておこう。

翌朝、やや結露してる?シュラフも微妙に湿気ってるような気もしないでもない、いや湿気ってるはずだ!と言い聞かせるが、やっぱり大したことはない。。。

P7200987.JPG

晴れた!ということで西穂高岳を目指す。

P7201015.JPG

けっこう人が多いね。さすが夏山。山頂はすし詰め状態です。ビギナーコース万歳!

昨晩、カメラのテストでISO感度を高いままにしてしまったため写真にノイズ入りまくり。失敗した・・・。

P7201029.JPG

こうしてまったり休日の北アルプスは平和に過ぎてゆくのでした。

そう、このときは確かにそう思っていたのだが・・・

白馬敗退

20日から白馬に行ってきました。この日のためにせっかくGoLite JAM2を用意したのに、キャパシティを越えるかなりの大荷物になってしまった。おそらく水・食料含めたパッキングウェイトで12kg程度 + 板が2.8kg。

IMG_0157.JPG

今回の検証課題はいくつかあったのですけどその一つがこれ、スキーベンチャー

IMG_0163.JPG

オプションのソフトブーツアダプタを装着することでトレッキングシューズでも使える(というふれこみの)ショートスキー。ビンディングも前後にスライドできて、登攀モードや平地歩行モードではかかとがあがるようになっている。シールを貼ったり専用アイゼンを装着したりすることで歩行性を高めることができる。

最初はスノーシューを選んでいたのだけれども、何を血迷ったかスキーベンチャーを選択してしまった。下山時に滑走ができれば、行動範囲を大きく拡げられるんじゃないかという思惑もありつつも、ソフトブーツアダプタでは到底滑走なんかできやしないというブログ界隈でのレビューや店員さんのアドバイスも振り切りとにかく試してみることにした(が、これは結局失敗)。

しかもスキー歴は幼少期に2回ほどしかない、ということで初日は栂池高原のゲレンデにてスキーの練習。

IMG_0164.JPG

なんとか昔の勘をとりもどそうと試みるも、スキーベンチャーのソフトブーツアダプタでは足首の固定がイマイチでまともに滑走ができない。樹脂製の足首サポータをぐりぐりと巻き込んで補強してがっちり固めたのである程度いけるかと思ったがやはり気休めだったか。初級者コースでシールを貼ってゆるゆると降りてみるとちょうどいいくらい。この見事な体たらくっぷりではバックカントリーでは使うにはやはりハードブーツが必要だと判断せざるをえませんでした、ハイ。

↓こいつらで足をぐりぐりに固めてみた。最初はいけそうかな?と思ったのだが。。。

IMG_0193.JPG

そんなこんなもありつつ、まぁ滑走に限界はあってもとりあえず登攀には使えるだろうということで気をとりなおして、翌日いよいよフィールドへ出発。スキーの装着やらなんやらでいろいろ手間取って時間をロス。

IMG_0166.JPG

スキーベンチャーでの平地歩行と登攀はとても楽だ。滑走さえしなければそれなりに使えるのだが、急斜面ではやはりずりずりと滑り落ちるわシール張り替えたりアイゼンつけたりで手間取るやらでなんともストレスだ。しかもバランスを崩すとすぐにステンと転げてしまって起き上がるのもまた一苦労で、結局ストックを一本折ってしまった。

IMG_0170.JPG

Foxtailのこんな無惨な姿。今までひん曲げたことは3回あるが、ポッキリ折れたのはこれがはじめてだ。限界を知れたということで収穫にしておこう。

結局めんどうになって、天狗ノ原へ抜ける急斜面の手前の木の枝にスキーをぶら下げてデポして、アイゼンを履いて深雪をキックステップで登っていく。しんどい。

IMG_0167.JPG

IMG_0171.JPG

アイゼンはKahtoola KTS Aluminum。こいつもデビュー戦だがやはり軽い。着用していることを忘れるほど。

IMG_0173.JPG

登りきったところですでに15:00のため幕営準備。BlackDiamond OneShotを張る。

IMG_0174.JPG

JetBoilハンギングキットで吊ってテント内で煮炊きする。テントも雪の重みでひしゃげてしまってる。

IMG_0176.JPG

IMG_0177.JPG

食事をとってから小一時間ほど眠って起きてみるとテント内が思いっきり結露しているので窓を全開にする。パラパラと小雨が降ったかのように水滴が落ちてきてシュラフも濡れる。やはり煮炊きの後はしばらく換気しとかないとね。

しかし今回は新しいシュラフの威力もあってとても温かく眠れた。冬山で快眠できたのは始めてだ。

翌朝、テントを撤収して出発するも、新雪が降り積もりふかふかの状態。何度もずぼっと胸まで落ちた。スキーをデポするんじゃなかったと後悔。風も出てきて視界もなくなり方向感覚が怪しくなってくる。復路のめんどくささを考えここで撤収を決定。目標の森林限界にも達せず見事に敗退。消化不良の山行になった。。。

IMG_0179.JPG

IMG_0178.JPG

  IMG_0180.JPG

装備
ザック: GoLite JAM2 + Montbell ギアホルダー + Granite Gear Pack Pocket
サブバック: UrbanTool Hip Holster
テント: BlackDiamond OneShot + Fibraplex Carbon Tent Pole
シュラフ: GoLite Adrenaline 0°
スリーピングマット: Montbell コンフォートシステムパッド90 + リフレクティクス + Montbell コンフォートシステムピロー
ストーブ: JetBoil SnowPeak極マグバージョン + ハンギングキット
水筒: 無印サーモス + Hydrapack 2.0L & ホースキット + Platypus 2.5L
アンダー(上): finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ半袖 + MH Tシャツ + MIZUNO ブレスサーモ長袖
アンダー(下): Exofficio ブリーフ + SKINS トラベル&リカバリー + MIZUNO ブレスサーモタイツ
ミドル(上): Montane Female Liberty Jacket
ミドル(下): Patagonia R1 Pants
アウター(上): finetrack ブリーズラップJKT + Patagonia レインシャドーJKT(予備)
アウター(下): Patagonia アルパインガイドパンツ
ソックス: INJINJI クールマックス + ROCKYゴアソックス + がまかつフリースソックス
足回り: VASQUE Aether Tech SS + Montbell サイクルフットウォーマー + FortyBelow Light Energy Overboots TR
グローブ: Seirus エクストリームオールウェザーグローブ
頭周り: OR Ninjaclava + シェルパビーニー
サポートギア: CAMP Corsa(ピッケル) + Kahtoola KTS Aluminum(アイゼン) + ULバランサーFoxtail(ストック) + MIZOスコップ + STC スキーベンチャー
サングラス: Adidas エレベーションクライマクール
GPS + カメラ: iPhone 3G + eneloop mobilebooster + FILCO PowerBank Slim 2.0
ライト: Petzl e+lite
マルチツール: Leatherman squirt P4
その他: 着替え、予備、水、食料など

※ギア系のレビューはまた後日。

行ってきます

仕事を早めに切り上げて向かうは白馬。結構な荷物になってしまった。。。JAM2が台無し。

足周りなど半年かけていろいろ考えて準備してきた装備計画を見事に覆してしまった忌まわしき板が。。。

GoLite JAM2

なんだかアウトドアネタばかりになってきてますが。。。

GoLiteのJAM2を買いました。ここのセールで買った。安かった。

左が荷物を積んでみたGoLite JAM2。50Lの600g。
右は今までのメインザックだったGraniteGear Vapor Trail。59Lの910g(実測は1034gという証言も)。

IMG_0152.JPG

重量差は最大で434g! これは買い替えの理由として十分。さらに美しいよJAM2。エレガントでかわいげがあって。フロントポケットもいい。ここにテントをわさっと突っ込んでいる。

さっそく冬山用の装備+水・食料を入れてみてテスト。かついだかんじでは具合はいい。背面にリフレクティクスの半身マットを差し込んでいるからかな。しかもまだちょっと余裕がある。

GraniteGear Vapor Trailは、ちょうど一年前に買ったマイファーストバックで思い入れもある。こんなUL系のマニアックなのを最初に買うなんてのもどうかとも思うけれども、渋谷のODBOXで選んだのが間違いwの元。最初は色がえげつなくて形も寸胴で最悪な印象だったけれど、重量で比較するとどうしてもこれになってしまうわけで、店員さんにオススメされるがままに買ったのだが、結果としてはよかったと思う。冬の奥多摩、金峰山、北アルプスと十二分に活躍してくれた(初登山が単独冬山というのもどうかと思うが。。。)

しかしやっぱりVapor Trailの収納性はサイドポケットしかないのでよろしくない。テントを引っ張りだすと荷物拡げてもう大変な事になるし、撤収のときとかさらに面倒。あと今季はスコップを持って行こうと思うのですけど、どこに収納すればいいの?というかんじで悩んでおりましたところ、JAM2のセール情報が。重量もいっそう軽くなるわけでもはや買わない理由が見当たらないということで買ってしまったわけです。

Gossamar GearとかZpackとか、もっと軽量なものはあるとはいえ、みすぼらしいのは嫌だ。山に行くまでは町も歩くわけで。

Vapor Trailは、ふいにビギナー同行者が現れたときのためにとっておこう。